1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
宇田 康利
カナ氏名:
ウダ ヤストシ
所属:
大 学:経営学部 経営学科
大学院:
学位
修士
役職
助教
担当科目(大学) 教養演習,UNIVAS 1,UNIVAS 2,UNIVAS 3,UNIVAS 4
担当科目(大学院)
研究室 本館 4階 26番
オフィスアワー 火 15:00〜16:00  金 15:00〜16:00
E-mail: y-uda@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: 学生とともに学び・楽しみながら、主体性を持った学生を育成する
研究テーマ: バイオメカニクス、健康科学
略歴: 2008年3月 拓殖大学商学部経営学科卒業
2008年4月 (株)東芝入社(東芝ブレイブサンダース入団、2015年引退)
2017年1月 (株)東芝退社
2018年4月 川崎医療福祉大学大学院研究科修士課程医療技術学研究科健康体育学専攻入学
2020年3月 川崎医療福祉大学大学院研究科修士課程医療技術学研究科健康体育学専攻修了
2020年4月 岡山商科大学経営学部経営学科助教就任(現在に至る)

更新:2022年4月20日
業績: 【学位論文】
2020,川崎医療福祉大学大学院研究科修士論文
バスケットボールのジャンプシュートに関するバイオメカニクス的研究−ジャンプ方向の違いがシュート動作に及ぼす影響−

【Thesis】
2020, Master's thesis, Graduate School of Medical Welfare, Kawasaki University of Medical Welfare
Biomechanical research on basketball jump shooting-Effects of different jump directions on shooting movement-

Abstract
The basic principle of a basketball jump shot is to jump straight up, keep the feeling, knees, and ankles straight in the air, and land in a well-balanced manner with both feet at the jumped location. Due to the influence of defense, many motion analyzes such as jump shoot motion comparison and biomechanical research have been conducted, but no study on the effect of jump direction is found. Therefore, the purpose of this study was to clarify the effect of the jumping direction on the shooting motion in the jump shooting biomechanically in order to obtain the basic data for proposing a new teaching method for basketball. A survey of performance during the match revealed that the numbers in the upward and forward directions showed significantly higher values than in the other directions. In the experimental analysis of the shoot form, when the angle changes of the knee joint, hip joint, shoulder joint, and elbow joint during the jump shoot were compared, characteristic changes were observed for each condition and the kicking force was between the conditions. It became clear that there was no difference. Based on these results, we proposed guidance for basketball players and non-players.


【競技者実績】
2008−2015年 現在の日本プロバスケットボールリーグに所属する川崎ブレイブサンダースの前身となる、東芝ブレイブサンダースでプレー。

2013年 NBL(ナショナルバスケットボールリーグ) 優勝
2013年 日本代表選出
2014年 天皇杯 優勝
など

【指導者実績】
バスケットボールコーチライセンスC級保持

2019年 全日本大学バスケットボール選手権大会中国地区予選会2部リーグ 優勝
2019年 全日本大学バスケットボール選手権大会中国地区予選会1部2部入替戦 1部昇格

更新:2022年4月20日

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野  
テーマ  
説明  
(2)分野  
テーマ  
説明  
(3)分野  
テーマ  
説明