1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
箕輪 弘嗣
カナ氏名:
ミノワ ヒロツグ
所属:
大 学:経営学部 経営学科
大学院:
学位
博士(工学)
役職
准教授
担当科目(大学) 使える数学A(線形代数),使える数学B(微分と積分),情報ネットワーク論I,情報ネットワーク論II,アプリケーション作成演習,データベース論,データベース実践,研究演習3年,研究演習2年
担当科目(大学院)
研究室 7号館3階
オフィスアワー (木)12:10〜12:50
E-mail: *****@po.osu.ac.jp
ホームページ: https://minowalab.org/
教育テーマ: 本学の建学の精神である「中正な思想を有する広い視野の人材の育成」、「学問と真理を探究する謙虚な情熱」、「産業の現実に関心を持ち、文化的知性を備え、創造的に社会の発展を目指す人物の育成」に従い、教育理念の「幅広い学習機会の提供」、「専門学術の素養習得」を授業目標とします。

学部学生対象の講義: 主に情報科学、プログラミングを教示。教職課程(情報)の講義を担当させて頂きております。

(更新: 2022年4月19日)
研究テーマ: 後述の「教育・研究・社会活動・その他」をご覧下さい。
補足URL:
1. (主)教員ホームページ(https://minowalab.org/)
2. (副)researchmap:(https://researchmap.jp/read0124110/)

(更新: 2022年4月19日)
略歴: ★ E-Mail: minowa●▲■po.osu.ac.jp (左記の●▲■を@に要変換)

■ 略歴 ■
1998年 4月 国立 岡山大学 工学部 情報工学科 入学
2002年 3月 国立大学法人 岡山大学 工学部 情報工学科 卒業 学士(工学)
2004年 3月 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士前期課程 修了 修士(工学) 「極短パルスレーザー光による第二次高調波発生を利用した局所静電場計測」
2007年 4月 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士後期課程 修了 (博士(工学)) 「弾性体操作における力覚情報の伝達に関する研究」
2007年7月 岡山大学 工学部 システム工学科 助教
同年 岡山大学大学院 自然科学研究科 産業創成工学専攻 助教
2015年4月 岡山商科大学 経営学部 経営学科 准教授

(更新: 2022年6月1日)
業績: 論文業績: 原著論文(査読付き)20報(1st著者:11報,下記に記載), 国際会議35報以上。
詳細: 全ての論文は[補足URLに記載のresearchmap]をご覧下さい。

- [記事投稿] テキストデータと映像認識技術を利用した異常診断AIの開発, 箕輪弘嗣, 田中蓮, 画像ラボ (3月号),pp.1-4,2022年3月。

- [国際会議] Developing a Plant Patrol Support System Using a Knowledge Ontology Based on Accident Cases, Hirotsugu MINOWA, Proc. of STSS/ISOFiC/ISSNP2021, 2021/11/15.

- Taisei Okura, Naoya Kasai, Hirotsugu Minowa, Shinji Okazaki, Application of Machine Learning for Data with an Atmospheric Corrosion Monitoring Sensor Based on Strain Measurements, Metals 2022, 12(7), 1179; https://doi.org/10.3390/met12071179.

- Hirotsugu Minowa, Kazuhiro Takeda, Yukiyasu Shimada, Tetsuo Fuchino, Yoshihiko Sato, Design and implementation of MOC Supporter: software system supporting management of change to realize flexible procedure control and accurate cause analysis, Information Engineering Express International Institute of Applied Informatics 2019.5, Vol. 5, No. 1, pp.47--58. (ISSN: 2185-9892)

- 箕輪弘嗣, Magic Sheet:穴埋め問題などに対応した解答の一括非表示が可能な問題作成支援LaTeXスタイルファイル, 岡山商科大学論叢, 第53巻, 第3号, pp.25-43, 2018.3.

- Hirotsugu Minowa, Hiromi Fujimoto, Koichi Takeuchi, A Mechanical Method for Evaluating Trainee Answers in a Risk Prediction Training System Based on the 4R Method, Information Engineering Express (IEE) Journal, Vol.1, No.3, pp.59-68, 2015. Abstract, Paper(web), Paper(pdf), International Institute of Applied Informatics (IIAI)

Summary : The 4R training method is used to train workers in many industrial workplaces, to reduce accidents caused by human factors. The 4R training method enables trainees to develop their hazard prediction abilities and response capabilities to avoid hazardous situations. In general, this training involves identifying hazards shown in hazard prediction training sheets. However, there is a significant problem with the 4R method: a single trainee cannot train themselves using the 4R method, because this training requires the assistance of an expert instructor. To solve this problem, this study aims to develop a hazard prediction training system. This system enables trainees to use the 4R method to train themselves anytime and anywhere. This paper provides a summary of the proposed training system, which uses a machine learning method to generate a subsystem for evaluating the trainee answers. Experimental results show the accuracy rates (precision) for two sheets were 64±14 [%] and 70±12 [%].

- Fujiwara T., Minowa H., Munesawa Y., Development of Dismantlement Support AR System for Nuclear Power Plants Using Natural Features, Chemical Engineering Transactions (CET), Vol.43, pp.1999-2004, 2015. DOI:10.3303/CET1543334 (2015.05.19-22 (Presented at 05.21), Milan@Italy).

- Hirotsugu Minowa, Akio Gofuku, Process signal selection method to improve the impact mitigation of sensor broken for diagnosis using machine learning, E-Journal of Advanced Maintenance(EJAM), Vol.6, No.3, pp.86-106, 2014.11.25 DL(EJAM)

- 箕輪弘嗣, 宗澤良臣, 事象の主体と振舞に注目した進展事象の統合解析法, 安全工学, Vol.53, No.5, pp.317-324,2014.10.15, DOI: https://doi.org/10.18943/safety.53.5_317

- 箕輪弘嗣, 宗澤良臣, 橋本康平, 安全教育のため手の甲によるバルブ速度測定画像認識法, 安全工学, Vol.53, No.5, pp.295-302, 2014.10.15, DOI: https://doi.org/10.18943/safety.53.5_295

- Hirotsugu Minowa, Yoshiomi Munesawa, Yuichiro Furuta, Akio Gofuku, Method of Selecting Process Signals for Creating Diagnostic Machines Optimised to Detect Abnormalities in a Plant Using a Support Vector Machine, Chemical Engineering Transactions, Vol. 36, pp.205-210, 2014.4.14, DOI: 10.3303/CET1436035, AIDIC, Bologna@Italy Paper(AIDIC)

- GOFUKU Akio, MINOWA Hirotsugu, TAKATORI Kenji, TAKAHASHI Makoto, NAGAMATSU Takashi, and FURUSAWA Hiroaki, Hybrid diagnostic system for nuclear power plants, Int. J. Nuclear Safety and Simulation, Vol. 4, Number 4, pp.253-259, (Published by SIMBIO COMMUNITY FORUM), 2013. (Published in December 24 2013), Paper.

- GOFUKU Akio, TAKAHASHI Makoto, NAGAMATSU Takashi, MOCHIZUKI Hiroyasu, FURUSAWA Hiroaki, and MINOWA Hirotsugu, Hybrid diagnostic agent system for the fast-breeder reactor “Monju”,Int. J. Nuclear Safety and Simulation(IJNS), Vol. 4, No.2, pp.105-114, (Published by SIMBIO COMMUNITY FORUM), 2013(Published in August 21,2013). Paper.

- Yoshiomi Munesawa, Hirotsugu Minowa, Kazuhiko Suzuki, Determination Method for Completion of Feeding Soldering Paste Using Image Processing, ASIA-PACIFIC JOURNAL OF INDUSTRIAL MANAGEMENT, Vol.4, No.2, pp.1-7,2013. (ISBN: 9787506674850)

- Shotaro Yhosima, Yoshiomi Munesawa, Hirotsugu Minowa, Kazuhiko Suzuki, Development of Fault Diagnosis System without Amount of Feed in a Bath Plant, ASIA-PACIFIC JOURNAL OF INDUSTRIAL MANAGEMENT, Vol.4, No.2, pp.105-112, 2013. (ISBN: 9787506674850)

- Munesawa Y., Minowa H., Suzuki K., Development of fault diagnosis system using principal component analysis for intelligent operation support system, Chemical Engineering Transactions, Vol.31, pp.655-660, 2013, DOI: 10.3303/CET1331110. Paper(AIDIC)

- 箕輪弘嗣,宗澤良臣,鈴木和彦, 単語の共起や頻度に注目した注意要因及び類似事例の抽出, 安全工学, Vol.51, No.5, pp.319-326, 2012(2012/10/15). DOI: http://doi.org/10.18943/safety.51.5_319, 岡大成果リポジトリ , Link:J-Stage

- Nan Bin Mad Sahar, Suzuki Kazuhiko and Minowa Hirotsugu, Utilizing Fuzzy-CBR Methodology as an Artificial intelligent Engine in Generating Scenario Case for Plant Visual Reality Risk Simulation, European Journal of Scientific Research Volume 41, Issue 1, pp.57-71, February 2010.

- Nan Bin Mad Sahar, Syahril Ardi, Suzuki Kazuhiko, Munesawa Yoshiomi and Minowa Hirotsugu, HAZOP Analysis Management System with Dynamic Visual Model Aid, American Journal of Applied Sciences 2010, Volume 7, issue 7, pp.943-948,June 2010. Link, DL

- S.ARDI, H.MINOWA and K.SUZUKI, Detection of Runaway Reaction in a polyvinyl Chloride Batch Process Using Artificial Neural Networks, International Journal of Performability Engineering, Vol.5, No.4, pp.367-376, 2009. Link

- 箕輪弘嗣, 中尾恵, 湊小太郎,弾性体の三次元操作における力覚情報の追体験方法に関する研究,日本VR医学会論文誌, Vol. 5, No. 1, pp. 17-23, 2007.3. Paper(NAIST Academic Repository or JStage), Abstract(NAIST Academic Repository or JStage), DOI: 10.7876/jmvr.5.17

- 箕輪弘嗣,中尾恵,佐藤哲大,杉浦忠男,湊小太郎,"光ピンセット操作における反力提示システムの開発,"システム制御情報学会論文誌,第19巻,第1号,pp.40-42, 2006. DOI: http://doi.org/10.5687/iscie.19.40

(更新: 2022年9月30日)

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野 知能情報学 (人工知能及び認知科学 / コンピュータサイエンス(CS))
テーマ 意思決定支援システムの研究と、そのツールづくり
説明 テキスト(SNS,Twitter,Blogなど)や画像/映像から有益な知見獲得/情報科学的な手法(主に異常を診断(検出/発見))し、決定支援、可視化につなげる研究をしています。機械学習/深層学習を用いた解析を含む。詳しくは,上記[補足URL]をご覧下さい。
Keyword: 機械学習、深層学習、シミュレーション解析
(2)分野 情報工学
テーマ 画像認識ツール/データ解析ツールの開発
説明 Keyword: 画像処理、画像認識、深層学習
(3)分野 情報科学
テーマ 情報科学から安全工学へのアプローチ
説明 情報科学分野の知識を使った安全工学へのアプローチ研究です。情報科学に沿った研究です。