教員名
講義名
シラバストップへ
 
家族法II 2単位 1年以上 経済   経営  
         
吉岡 伸一 後期1コマ クラス:  
実務経験 内容 大阪府内の銀行において、21年間本部および営業店で銀行員として勤務した経験をもつ。
授業との関連 銀行の預金者や借入人および保証人等が死亡することはたびたび発生することである。そのような場合に、どのように対応すべきであるのか、経験を踏まえて授業を進める。

シラバス1

【授業の目的】

 この授業は、民法の5つの篇のうち、第5編に当たる『相続』を扱う。相続は、大きく分けて、法定相続と遺言による相続に分かれ、日本では法定相続が多いものの次第に遺言による相続も増えている状況である。相続は、社会にでるか出ないかに関わらず、必然的にかかわりが出てくる問題であり、この授業では相続に関わる法律問題を身につけることを目的とする。なお、オンライン授業となった際には、講義案内システムを利用して行う。

【到達目標】

 この授業では、人が亡くなったときにどのような人が法定の相続人となるのか、また、どの程度の財産を相続することができるのか、遺言をするにはどのような手続をしたらよいのかなどにつき、多くの裁判例を通じて実践的に学ぶことができるようにする。


【授業計画】

この授業は対面授業で行います。ただし、学校閉鎖時には、講義案内掲示板を利用した講義となります。その際には、毎回、小テストを実施しますから、期限内にメールで返信してください。

第1回 ガイダンス
事前学修 家族法(相続法)とはどのようなものか調べておくこと
事後学修 配付資料の整理
第2回 相続の意義と根拠
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第3回 相続法の歴史と現在
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第4回 相続人
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第5回 相続分
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第6回 相続の承認と放棄
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第7回 相続人の不存在
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第8回 遺産分割(1)
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第9回 遺産分割(2)
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第10回 相続法と相続税
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第11回 遺言と遺贈(1)
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第12回 遺言と遺贈(2)
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第13回 遺留分(1)
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第14回 遺留分(2)
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理
第15回 まとめ
事前学修 関連雑誌の検索と読み込み
事後学修 配付資料の整理


【予習・復習】

予習は、事前に教科書を読むだけではなく、関連する裁判例を図書館で探して読んでおくこと。時間は2時間以上が望ましい。復習時間は、2時間以上充てること。講義中に分からないことがあれば、図書館で調べたり、担当教員に質問したりして、疑問を解消すること。また、疑問がある場合には、毎回配布する資料の中に、質問事項欄を設けますから、その欄に記載しても構いません。


【授業関連科目】

民法総則、家族法1、物権法、契約法


【成績評価方法・注意】

 講義資料に基づき、毎回の講義内容について、学生がまとめ、ないし確認事項を記載してもらいます。成績評価については、出席状況のみならず、小テストも併せて行う。授業内容に関する質問があれば加点する。


【教科書】

著者:床谷文雄・神谷遊ほか3名 書名:新プリメール民法5 家族法[第2版] 出版社:法律文化社


【参考書】

参考書を使用しない



シラバス2

【授業形態】

講義 演習 実習・実技 実験
     

【授業方法】

受動型 アクティブラーニング その他
課題解決型 ディスカッション
ディベート
グループワーク
ペアワーク
プレゼン
テーション
フィールド
スタディ
その他
           

【受講生のPC等使用】

PC・タブレット
(教室に備付)
PC・タブレット
(学生自身が準備)
スマートフォン その他
       

【初年次教育】

 

【接続科目】

地域社会 国際社会 産業界 大学院進学
   

【評価(方法)手段】

評価(方法)手段 学部・学科カリキュラム・ポリシー(CP)
知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
CP1 CP2 CP3 CP4 CP5 CP6 CP7 CP8 CP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
評価(方法)手段        
学習目標(比率) 40% 20% 10% 10% 20%
評価手段(比率) 試験 65% 30 10 5 5 15
小テスト 35% 10 10 5 5 5
レポート
成果発表
受講態度
その他
対応するディプロマ・ポリシー(DP) 知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7 DP8 DP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
       

戻る
 
Copyright (c) 2004 okayama shoka university co.,Ltd All Rights Reserved