1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
田中 勝次
カナ氏名:
タナカ カツジ
所属:
大 学:経済学部 経済学科
大学院:経済学研究科
学位
経済学修士
役職
教授
担当科目(大学) 国際経済政策,国際金融論,開発金融論,特別演習,日本事情II(経済),研究演習3年,研究演習4年,基礎演習,進学学習,研究演習3年前期,研究演習3年後期
担当科目(大学院) 国際経済学特殊講義,研究演習1年前期,研究演習1年後期,研究演習2年前期,研究演習2年後期
研究室 本館4階 
オフィスアワー (水)13:00〜14:30
E-mail: k-tanaka@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: 簡単なモデルを用いて現実の経済現象を複眼的視点から分析
研究テーマ: 1.通貨危機の早期警戒システムの構築
2.適正な外貨準備保有水準
略歴:  
業績: (著 書)
1)エマージング市場経済における通貨危機の分析 単著
   平成17年3月 西日本法規出版

(学術論文)
1)国際ポートフォリオ・セレクション 単著
   平成元年 5月 岡山商大論叢,第25巻第1号
2)取引コストと媒介通貨−理論的考察− 単著
   平成6年 6月 岡山商大法経学部創設記念論文集
   『現代経済学の諸相』中央経済社
3)農業保護と貿易政策 単著
   平成6年 8月 岡山商大論叢,第30巻第2号
4)韓国の経済危機 −金融危機を中心として− 共著
   平成11年10月 岡山商大社会総合研究所報,第20号,
   共同研究『アジア経済危機と国際企業経営に関する研究 −日韓比較を中心として−』第1章
5)金融危機に関する最近の理論 単著
   平成14年2月 岡山商大論叢,第37巻第3号
6)資本市場と開放経済の不安定性 単著
   平成16年6月 岡山商大論叢,第40巻第1号
7)エマージング経済における通貨危機と金融政策 単著
   平成16年10月 岡山商大論叢,第40巻第2号
8)対外債務の通貨構成と金融政策 単著
   平成17年6月 岡山商大論叢,第40巻第3号

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野 国際金融論
テーマ 通貨危機の早期警戒システムの構築
説明 通貨危機は、為替レートを実質的に固定している国において発生している。中国は、実質的に為替レートを人為的にコントロールしている。通貨危機の予兆を早期に発見することにより、通貨危機発生によって生じる経済的損失を最小化することができる。そのために、どのようなシグナルに基づいて判断すべきか、過去の事例を参考にしながら構築しておく必要がある。
(2)分野 国際金融論
テーマ 適正な外貨準備保有水準
説明 一国の外貨準備保有水準を巡っては、経験的に、幾つかのルールが指摘されている。多くのエマージング経済諸国では、これらのルールをはるかに超えて保有しているのが実情である。過剰な外貨準備保有水準を経済的な側面から検討する。また、外貨準備の最適資産構成の問題に関心がある。
(3)分野  
テーマ  
説明