1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
浜田 和樹
カナ氏名:
ハマダ カズキ
所属:
大 学:経営学部 経営学科
大学院:商学研究科
学位
博士(経営工学)
役職
教授
担当科目(大学) 教養演習,原価計算論,管理会計論,研究演習2年
担当科目(大学院) 管理会計論特論I,管理会計論特論II,研究指導1年前期,研究指導1年後期,研究指導2年前期,研究指導2年後期,研究指導3年前期,研究指導3年後期
研究室 本館3階
オフィスアワー (木)13:00〜14:30
E-mail: hamada@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: 企業の計画と統制への管理会計の役割についての教育
研究テーマ: 経営戦略の策定と管理への財務・非財務情報による管理についての研究
企業グループ、企業間管理への管理会計の役割についての研究
略歴: (学歴)
1973年4月 関西学院大学商学部卒業
1975年3月 関西学院大学大学院商学研究科修士課程修了(商学修士)(商第301号修士)
1981年3月 筑波大学大学院社会科学研究科計量計画学専攻博士課程単位取得
1995年3月 博士(経営工学)筑波大学(博乙第1056号)

(職歴)
1981年4月 西南学院大学商学部講師
      その後、助教授(1984年就任)、教授(1990年就任、2007年3月まで)
1990年4月 米国・ダートマス大学(Dartmouth College)経営大学院客員研究員(1991年3月まで)
2003年7月 西南学院大学商学部長(2005年6月まで)
2007年4月 関西学院大学経営戦略研究科教授(20012年3月まで)
2012年4月 関西学院大学商学部教授(2019年3月まで)
2019年4月 岡山商科大学経営学部経営学科教授(現在に至る)

(学会関係)
日本管理会計学会副会長、日本組織会計学会会長を歴任し、現在、日本管理会計学会常務理事、日本組織会計学会副会長、日本会計研究学会評議員
業績: [近年の業績]
(主な単著)
『企業間管理と管理会計:サプライチェーン・マネジメントを中心として』税務経理協会、
2018年。
『管理会計の基礎と応用』中央経済社、2011年。

(主な共著)
『Management of Innovation Strategy in Japanese Companies』World Scientific Publlishing Co. Pte.Ltd. 2017.
『Business Group Management in Japan』 World Scientific Publlishing Co. Pte.Ltd. 2010.

(主な論文)
「グローバルSCMのための管理会計情報の有用性」青山アカウンティング・レビュー、2017年10月。
「サプライチェーン・マネジメント(SCM)展開への収益性分析の重要性」商学論究(関西学院大学)、2017年7月。
「グローバル・サプライチェーン変革のための製品別利益情報の有用性」 商学論究(関西学院大学)、2016年7月。
「製品イノベーション管理と利益管理:イノベーション・バリューチェーン管理への管理会計の役割」商学論究(関西学院大学)、2016年3月。



教育・研究・社会活動・その他

(1)分野 研究(会計学)
テーマ 経営戦略の策定と管理への財務・非財務情報による管理
説明 財務・非財務情報による管理法として、主としてバランスト・スコアカードによる管理について考察し、その管理が戦略の実行面での有用性だけでなく、戦略の創発にも有用である理由を考察する。
(2)分野 研究(会計学)
テーマ 企業グループ、企業間管理への管理会計の役割
説明 管理会計は、主として個別企業の管理を対象としてきたが、個別企業の枠を超えた企業グループの管理、企業間(サプライチェーン)の管理への管理会計の役割について考察する。
(3)分野 研究(会計学)
テーマ 製品イノベーション管理への管理会計の役割
説明 会計管理は製品イノベーションを抑制するように思われがちだが、どのような利用法を実施すればそれを促進できるかについて考察する。