1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
福本 明
カナ氏名:
フクモト アキラ
所属:
大 学:経営学部 商学科
大学院:
学位
特任教授
役職
特任教授
担当科目(大学) 考古学I,考古学II,博物館概論,博物館資料論,博物館資料保存論,博物館展示論,博物館教育論,博物館実習
担当科目(大学院)
研究室 本館3階
オフィスアワー 下記の時間以外も研究室に在室している時は、可能な限り対応します。(月)13:00〜14:00,(火)14:00〜15:00
E-mail: a-fukumoto@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: 地域の文化資源を博物館教育に活かす
研究テーマ: 地域に根ざした博物館活動の研究
吉備地方の墳丘墓の研究
中世須恵器の研究
略歴: ■略歴■

1975年3月 関西大学文学部史学科日本史(考古学専攻)卒業
1979年8月 倉敷市(教育委員会)埋蔵文化財専門職員として採用
この間、倉敷埋蔵文化財センター館長、文化財保護課課長等を歴任
2017年3月 倉敷市教育委員会生涯学習部副参事を最後に、倉敷市を退職
2017年4月 公益財団法人倉敷考古館学芸課長として採用(2018年4月より非常勤学芸員、現在に至る)
2018年4月 岡山商科大学経営学部商学科特任教授として採用、現在に至る
 
業績: ■著書
『図説日本の史跡』第1巻原始1 同朋舎出版 1991年(共著)
『新修倉敷市史』第8巻自然・風土・民俗 倉敷市 1996年(共著)
『吉備の弥生大首長墓 楯築弥生墳丘墓』新泉社 2007年(単著)
『図説倉敷・総社の歴史』郷土出版社 2009年(共著)ほか

■論文
「麦稈真田資料覚え書き」『倉敷の歴史』第2号 1992年 
「玉島天王山古墳出土の埴輪について」『倉敷の歴史』第4号 1994年
「倉敷市西坂笹池東一号墳の再検討」『倉敷の歴史』第13号 2003年ほか

■資格
学芸員

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野 考古学
テーマ 吉備地方の墳丘墓の研究
説明 吉備地方最古、最大である楯築弥生墳丘墓の研究を通して、吉備地方の弥生時代後期における独特の葬送祭祀の実態について探る。
(2)分野 博物館学
テーマ 地域に根ざした博物館活動の研究
説明 生活・文化の価値観が多様化する中で、文化財の活用やまちづくり、環境問題など、地域の持っている様々な課題に対して、地域博物館が住民とともに地域の活性化に向けてどのように関わりをもっていくべきかを探る。
(3)分野 考古学
テーマ 中世須恵器の研究
説明 古墳時代からの須恵器の流れを引く中世の須恵器について、倉敷市玉島で操業されていた亀山焼を取り上げ、その製法や創業の形態、流通などを探る。