1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
大崎 紘一
カナ氏名:
オオサキ ヒロカズ
所属:
大 学:経営学部 経営学科
大学院:商学研究科
学位
工学博士
役職
教授
担当科目(大学) *ボランティア論,岡山経営者論I,岡山経営者論II,岡山経営者論I,岡山経営者論II
担当科目(大学院) 経営学特論,研究指導1年前期,研究指導1年後期,研究指導2年前期,研究指導2年後期,研究指導3年前期,研究指導3年後期
研究室 本館3階
オフィスアワー (火)13:00〜17:00
E-mail: ohsaki@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ:  
研究テーマ:  物品、サービスの生産システムにおける生産性向上に関する研究
 地域特性の定量化に関する研究
略歴: ■略歴■
昭和41年3月 岡山大学大学院理学研究科修了
昭和41年4月 岡山大学工学部助手に採用
        この間、岡山大学工学部(助手、講師、助教授、教授)
        管理職:理事・副学長、
            学長補佐、工学部長、
            地域共同研究センター長、図書館長、
            総合情報センター長
平成17年6月 副学長の任期満了で退任し、退職
平成17年6月 岡山大学名誉教授、岡山大学特命教授
平成18年4月 岡山商科大学商学部教授として採用され現在に至る
        管理職:副学長、
            産学官連携センター長、図書館長

(2019年9月9日現在)
業績: ■主な著書■
(1) 生産システム技法 共著 昭和56年11月 共立出版社
(2) 経営工学ハンドブック 共著 平成6年9月  丸善
(3) 全社的コンピュータ支援生産管理システム 共著  平成8年12月 大学教育出版
(4) 機械工学事典 共著 平成9年8月 日本機械学会
(5) 生産管理の辞典 共著 平成11年11月 朝倉書店
(6) 画像認識システム学 共著 平成17年9月 共立出版社

■学術論文■
(レフェリー付)
(1) 人体リンクモデルを用いた組立作業姿勢計画手法 共著 38869 日本経営工学会論文誌、Vol.57,No.2,pp132-143
(2) 技能の定量化に関する研究(第1報、動作部位の3軸回転角度からみた動きの分析手法) 共著 39173 日本経営工学会論文誌,Vol.58,No.1,pp17-28
(3) Generation Method of Model Movement of Tool for Skill Training 共著 2008 Asia-Pacific Journal of Industrial Management、Vol.1,Issue 1,  pp17-23
(4) A Scheduling Method of Cooking Tasks for a Cooking Robot with Detachable Hands 共著 2008 Asia-Pacific Journal of Industrial Management、Vol.1,Issue 1, pp42-48
(5) A Study on Virtual Workspace for Sculpture Skill Training 共著 2009 Asia-Pacific Journal of Industrial Management、Vol.?,Issue 2, pp44-51
(6) Scientific Analysis of Skilled Motion Using Three-dimensional Coordinates and Tait-Bryan Anges 単著 2010 J Jpn Ind Manage Associat, 61, pp173-179

■国際発表論文および学会発表■   
(1) A Study on Measurement of the Graver Position for Virtual Sculpture Training System 共著 2012年8月 Proc. of Eleventh International Conference on Industrial Management pp.300-305
(2) 生産額・売上額の時系列パターンに基づく日本国内の地域別産業構造に関する研究 共著 2013年5月 平成25年度日本経営工学会春季大会予稿集 pp.160-161
(3) Study on Industrial Structure in Japan Based on Trend of Three Economic Indicators over the Past Twenty Five Years in Industrial Sections 共著 2014年9月 Proc. of Twelveth International Conference on Industrial Management pp.462-470
(4) Study on Measurement Method of How to Handle Tool 共著 2014年9月 Proc. of Twelveth International Conference on Industrial Management pp.339-343
(5) Study on Productivity in Office Work Based on Basic Element 共著 2016年9月 Proc. of thertrrnth International Conference on Industrial Management pp.15-23
(6) Quality and Productivity of Basic Elements in Business Work 共著 2018年9月 Proc. of Fourteenth International Conference on Industrial Management pp.605-610

(2019年9月9日現在)

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野 経営工学
テーマ 物品、サービスの生産システムにおける生産性向上に関する研究
説明 生産システムの生産性向上のために、人、機械(ロボット)の役割に注目して研究を行っている
(2)分野 経営工学
テーマ 技能作業の画像処理による定量化に関する研究
説明 高い技能者の作業中の身体部位の3次元位置、3軸回転角度から、技能の定量化をし、未熟練者の訓練、技能作業ロボットの動作設計をする研究を行っている。
(3)分野 経営工学
テーマ 地域特性の定量化に関する研究
説明 地域の状況を、自然、文化、公共施設、産業、人口の5つの特性から評価し、地域の元気さ、持続可能のための地域特性の見直し、国内外への発信手法について研究を行っている。