1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
湯 文
カナ氏名:
タン ウェン
所属:
大 学:経営学部 商学科
大学院:
学位
修士(商学)
役職
助教
担当科目(大学) 日本語(文法)I,日本語(文法)II,日本語(文法)III,日本語(文法)IV,日本語総合演習I,研究演習3年,研究演習3年前期,研究演習3年後期
担当科目(大学院)
研究室 本館3階 9番
オフィスアワー 原則として、事前にメールでアポイントメントをとること。(水)10:40〜11:40
E-mail: tangwen@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: 日本語文法、日本事情
研究テーマ: 日本語教育、異文化交流、サービス分野の生産性
略歴: ■略歴■

2009年 岡山商科大学と中華人民共和国江西師範大学との学部生
    2+2「ダブル・ディグリー・プログラム」修了
2011年 岡山大学商科大学商学研究科修士課程修了
2011年 岡山商科大学総務企画課所属
    孔子学院業務兼任
    国際交流業務兼任
2012年 岡山商科大学入学前教育コース文法担当
    総務企画課、孔子学院業務
    国際交流業務
2016年 岡山商科大学経営学部商学科助教
    孔子学院事務局長
    国際交流室業務兼任
2019年 岡山商科大学経営学部商学科助教
    日本語教師養成総合講座(文化庁指針420時間準拠)修了






(2019年9月1日現在)
業績: ■国際発表論文及び学会発表■
(1)The Image of Chinese People in the Eyes of Japanese Journalists around World War II 共著 2019年1月 Journal of Dalian University(pp.52-57)
(2)STUDY ON PRODUCTIVITY OF SERVICE INDUSTRY 共著 2016年9月 The 13th International Conference on Industrial Management(「ICIM2016」,pp.15-23)
(3)QUALITY AND PRODUCTIVITY OF BASIC WORK ELEMENTS
IN BUSINESS WORK 共著 2018年9月 The 14th International Conference on Industrial Management (「ICIM2018」,pp.605-610)
(4)観光サインの多言語化における言語間影響 ―語の形態と表記について― 共著 2018年12月 COEX 韓国文化産業学会
(5)観光サインの多言語化における言語間影響 ―統語構造について― 共著 2019年3月 日本国際教養学会第8回全国大会
(6)観光サインの多言語化における言語間影響 ―統語構造について―
共著 2019年6月 日本国際教養学会第8回全国大会プロシーディングズ
■教材■
(1)ワンフレーズ中国語―岡山商科大学孔子学院ラジオ講座テキスト1―
共著 2017年7月 岡山商科大学孔子学院

更新2019年9月1日

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野 日本語教育
テーマ  
説明  
(2)分野 多言語
テーマ 岡山市におけるコミュニケーション支援及び言葉のバリアフリー化
説明  
(3)分野  
テーマ  
説明