1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
城下 賢吾
カナ氏名:
シロシタ ケンゴ
所属:
大 学:経営学部 商学科
大学院:商学研究科
学位
博士(経営学)
役職
教授
担当科目(大学) 企業論I,ポートフォリオ・マネジメント,FPリスク・リタイアメントプランニング,企業論I,企業論II,コーポレート・ファイナンス,研究演習3年,研究演習2年
担当科目(大学院) 経営財務論特論,研究指導1年前期,研究指導1年後期,研究指導2年前期,研究指導2年後期,研究指導3年前期,研究指導3年後期
研究室 本館3階 13番
オフィスアワー 水12:30〜13:00 
E-mail: shiroshita@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: コーポレートファイナンスと資本市場
研究テーマ: 証券市場分析とパーソナルファイナンス
略歴: 昭和30年 長崎市生まれ
昭和53年3月     長崎大学経済学部卒業
昭和53年4月     山一證券株式会社(〜昭和55年1月31日)
昭和59年3月     神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了
昭和59年3月     経営学修士(神戸大学)
昭和62年3月     神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程単位修得退学
昭和61年4月     日本学術振興会特別研究員(〜昭和62年3月31日)
昭和62年4月     広島経済大学講師
平成3年4月     広島経済大学助教授
平成7年4月     山口大学助教授(経済学部)
平成9年4月       カリフォルニア大学バークレー・Haasビジネススクール客員研究
員(〜平成10年8月31日)
平成10年8月     山口大学教授(経済学部)(〜令和3年3月31日)
平成16年2月     博士(経営学)(神戸大学)
平成16年4月      山口大学大学院東アジア研究科兼任教授(〜令和3年3月31日)
平成19年4月     カリフォルニア大学バークレー校・Haasビジネススクール客員研究員
            (〜平成19年9月30日)
令和3年3月      山口大学名誉教授
令和3年4月      岡山商科大学経営学部教授(〜現在に至る)

(更新 2022年4月7日)

業績: (単著)
1. 『市場のアノマリーと行動ファイナンス』千倉書房,2002年
(共著)
1. Shigeki Sakakibara, Shimon Fukuda, Hidetoshi Yamaji, Hisakatsu Sakurai, Kengo Shiroshita『The Japanese Stock Market: Pricing Systems and Accounting Information』Praeger, 1988
2. 榊原茂樹,城下賢吾, 姜喜永, 福田司文 『入門証券論』有斐閣,2000年
3. 榊原茂樹,城下賢吾,姜喜永,福田司文,『入門証券論新版』有斐閣,2005年
4. 榊原茂樹,城下賢吾,姜喜永,砂川伸幸『パーソナルファイナンス入門 : 私たちの生活とお金 』中央経済社,2006年
5. 城下賢吾,森保洋『日本株式市場の投資行動分析 : 行動ファイナンスからのアプローチ』中央経済社,2009年
6. 榊原茂樹, 城下賢吾, 姜喜永,福田司文,岡村秀夫『入門証券論 第3版』有斐閣,2013年
7. 山口大学大学院東アジア研究科編著,中田範夫, 城下賢吾責任編集『東アジアの医療福祉制度 : 持続可能性を探る(山口大学大学院東アジア研究科東アジア研究叢書4)』中央経済社,2018年
8.Withdrawal Strategy in Japan 共著 山口経済学雑誌、69巻第6号、pp.419-431
【Abstract】
There is a risk of longevity i.e., the self-funds after retirement may deplete before the end of life. What is needed after retirement is to spend out of self funds in addition to public pensions while investing self-funds over lifetime without depleting.
We analyze a safe withdrawal rate based on varying self-funded amounts every month due to fluctuation in the market. According to this method, there is no longevity risk that
self-funds are depleted throughout lifetime.

(更新 2022年4月30日)

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野 証券市場
テーマ 市場のアノマリー分析
説明 証券市場における株価と本来ありうべき価格との間になぜ違いが生じるのかを日本のデータを用いて分析を行っている。
(2)分野 パーソナルファイナンス
テーマ 老後資金の引き出し率
説明 現役時代に蓄積した自己資金を運用しながら、毎年何%引き出せば、寿命を全うするまでに、資金が枯渇することがないかをデータを用いて分析。
(3)分野  
テーマ  
説明