1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
宮島 宏幸
カナ氏名:
ミヤシマ ヒロユキ
所属:
大 学:経済学部 経済学科
大学院:
学位
英語教育学修士
役職
講師
担当科目(大学) 教養演習,英語コミュニケーション 初級I,英語コミュニケーション 初級II,英語コミュニケーションI,英語コミュニケーションII,英語コミュニケーションIII,英語コミュニケーションIV
担当科目(大学院)
研究室 21研究室
オフィスアワー 火2限 木曜4限
E-mail: miyashima@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: 積極的に発言できる大学英語の構築
研究テーマ: シンガポールとタイの英語教育
英語プレゼンテーション
演劇で表現力の育成
略歴: 昭和61年4月 岡山県立賀陽高校 常勤講師 岡山県立福渡高校 
昭和63年4月 岡山県立津山工業高校高等学校 教諭
平成4年4月 岡山県立林野高等学校 教諭
平成7年4月 岡山県立津山商業高等学校 教諭 
平成20年4月 岡山県立岡山東商業高等学校 教諭
平成28年4月 岡山県立津山東高等学校 教諭
令和3年4月       岡山商科大学講師
          (令和4年4月6日現在)
業績: 1 教育方法の実践例
(1) 英語教育 2015年3月 商業教育における英語教育雑感〜実業高校らしさを求めて〜、むさしのお会研究紀要、pp.50-53
2016年3月 高校演劇顧問の経験を英語教育に生かせないか、むさしの会研究紀要、pp.45-47
(2) 海外研修 2014年 オーストラリアプレ体験留学に同行して、『夢、一歩前へ』、(公財)福武教育文化振興財団、p.29
2014年2月 優しい国ラオス〜東商生徒19名と旅して〜、JENESYS青少年派遣事業報告書、pp.49-50
2014年3月 ラオスレポート、〜ラオスの教育事情〜、むさしの会研究紀要、pp.67-69
(3) 学生指導 1997年1月 生徒と共に過ごす冬休み、月刊ホームルーム 第22巻第1、pp.39-42
平成27年 命をテーマにした高校演劇-高校生との芝居作りを通して命を考える-、第18回日本いのち教育学会(岡山大会)、pp.1-5
2 作成した教科書,教材
3 教育上の能力に関する大学等の評価
4 実務の経験を有する者についての特記事項

(1) 演劇創作 2009 宮島宏幸、手紙〜インパールの風〜、季刊高校演、 No.198、 pp.67-89
2012 宮島宏幸、無心駅、季刊高校演劇、No.213、pp.2-20
2016 宮島宏幸、めんこい娘がやてきた、季刊高校演劇、 No.233、 pp.51-82
2018 宮島宏幸、約束、季刊高校演劇、No.243、pp.34-69
2019 宮島宏幸、体育祭、季刊高校演劇、No.248、pp.80-107
2020 宮島宏幸、汽笛、季刊高校演劇、No.253、pp.31-55
2021 宮島宏幸、ふうせん〜だめの子日記からのメッセージ 季刊高校演劇
                           p
                          (令和4年4月6日現在)
英語教育論文
Papers on English Education

1. タイとシンガポールの中東教育段階に於ける英語教育の研究
   TEFLとTESLとの比較研究

Title English
 A Study od English Education at Secondary School
Level of Thailand and Singapore
- A Comparative Study of TEFL and Tesl
2. 日本語概要
 タイと日本語の英語教育を比較研究することによって、日本の英語教育が進むべき方向を検証する。 タイはTEFLとして日本と同じ英語教育を行っており、シンガポールはTESL
として英語教育を行っている。 グローバル化が進む今日、日本の英語教育はTESLを参考にすべきではないだろうか。

This course examines the direction in which English education in Japan should proceed by comparative study of English education in Thailand and Japanese. Thailand provides the same English education as Japan as TEFL, and Singapore, English education as a In today's increasingly globalized world, I think English education in Japan should refer to TESL.

3. 発表場所
  国立鳴門教育大学修士課程

  Naruto University of Teacher Education the Degree Master of Education

4. 日付

  1985年12月

  December 1985


教育・研究・社会活動・その他

(1)分野  
テーマ  
説明  
(2)分野  
テーマ  
説明  
(3)分野  
テーマ  
説明