1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
杉本 敦
カナ氏名:
スギモト アツシ
所属:
大 学:経営学部 商学科
大学院:商学研究科
学位
博士(文学)
役職
准教授
担当科目(大学) 教養演習,観光地計画論,テーマパークデザイン論,地域づくり論I,地域づくり論II
担当科目(大学院)
研究室 7号館3階
オフィスアワー (水)12:30~14:30 (金)13:00〜14:30
E-mail: sugimoto@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: 文化人類学の立場から、鋭敏な感性と思考力の基礎を育む
研究テーマ: グローバル経済下における家族制農業についての人類学的研究
食料安全保障のための農業・農村支援についての研究
略歴: ■略歴
2013年3月 東北大学大学院文学研究科博士後期課程修了

2009年4月 福島県立医科大学看護学部非常勤講師(2013年3月まで)
2010年4月 東北大学文学部研究助手(2013年3月まで)
2011年4月 東北学院大学文学部非常勤講師(2020年3月まで)
2013年4月 東北大学大学院文学研究科助教(2016年3月まで)
2016年4月 盛岡大学文学部非常勤講師(2016年9月まで)
2016年5月 国立民族学博物館超域フィールド科学研究部外来研究員(2021年3月まで)
2017年4月 岩手大学人文社会学部非常勤講師(2017年9月まで)
2018年10月 東北大学文学部非常勤講師(2019年9月まで)
2021年4月 岡山商科大学経営学部商学科准教授
2022年4月 岡山商科大学大学院商学研究科(兼担)

更新:2022年4月6日
業績: ■著書
『つながりの文化人類学』「第4章 現代ルーマニアにおける家族のつながり−家畜飼育の現場から」2012年。
『旧東欧世界の民族誌−欧州統合時代を生きるトランシルヴァニア牧畜民』2018年。
An Ethnography of Transylvanian Sheep Herders in Postsocialism and Beyond. 2018, Tohoku University Press, Sendai.
【Abstract】
In the EU accession of the former Eastern European countries and subsequent support measures, socialist system and traditions are regarded as “backwardness” to be improved. However, in this ethnography I demonstrated that gospodarie (Romanian farm household), which is managed to the local logic of “subsistence economy”, has another rationality and cultural values. This economy system that contains patron-client relationship, local commons and seasonal occupancy of meadows, is very suitable for the natural environment of this region and the ecology of livestock. Moreover, their subsistence economy has flexibility to respond to changed such as market economy penetration, industrialization, tourism, and lifestyle diversification.


■論文等
「ルーマニア農村研究の現状と課題−国家と地域住民の関係を中心に」『文化』68巻(1-2):105-123、2004年。
「現代ルーマニア農村事情−山村のゴスポダリエを中心に」『東北人類学論壇』8:55-70、2008年。
「EUの東方拡大と移民−ルーマニアの出稼ぎ労働者」『周縁から照射するEU社会』174-176、2012年。
「ルーマニアの斎戒と農業のリズム」『ヴェスタ』102:40-43、2017年。
「ルーマニア・トランシルヴァニアにおける山村景観−伝統的牧畜と生産空間の形成」『まなざしの論理(空間史学叢書3)』105-119、2020年。


■代表者を務めた研究プロジェクト
公益信託澁澤民族学振興基金 大学院生等に対する研究活動助成「ルーマニアの伝統的な家ゴスポダリエに関する文化人類学的研究−農村社会におけるイデオロギーと現実」(2006年4月-2007年3月)。
財団法人東北開発記念財団海外派遣助成金交付金「ルーマニア農村の社会構造に関する基礎的調査」(2006年4月-2007年3月)。
科学研究費補助金(スタートアップ)「グローバル化に晒されるルーマニア農村家族構造の変容に関する人類学的研究」課題番号25884007(2013年3月-2015年3月)。
科学研究費補助金(基盤研究C)「農の「EU化」に伴うトランシルヴァニア牧畜の再編に関する文化人類学的研究」課題番号17K03311(2017年4月-2022年3月)。
科学研究費補助金(基盤研究C)「EU農政下における家族制農業生産についての民族誌的研究」課題番号20K01234(2020年4月-2023年3月)。

更新:2022年4月6日

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野 文化人類学
テーマ EU農政下における家族制農業生産についての民族誌的研究
説明 家族制生産を支えてきた地域の経済的・社会的システムも変化を迫られている状況において、どのような意思決定が経営を可能にするかを研究することで、家族制農業生産の機能と変容についての理解を深める。
(2)分野  
テーマ  
説明  
(3)分野  
テーマ  
説明