1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
萩原 泰治
カナ氏名:
ハギハラ タイジ
所属:
大 学:経済学部 経済学科
大学院:経済学研究科
学位
経済学修士(神戸大学)
役職
非常勤講師
担当科目(大学) 産業連関分析
担当科目(大学院) 地域経済論特殊講義
研究室  
オフィスアワー mailで時間調整ののち、授業前後に行います
E-mail: hagiwara@econ.kobe-u.ac.jp
ホームページ: http://www.econ.kobe-u.ac.jp/faculty/fields/technology/hagiwara.html
教育テーマ: 産業連関分析
研究テーマ: 産業連関分析
略歴: 1982年 神戸大学大学院経済学研究科博士前期課程 修了
1984年 神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程 中退
1984年 神戸大学経済経営研究所付属経営分析文献センター 助手
1989年 神戸大学経済学部 講師
1991年 神戸大学経済学部 助教授
1998年 神戸大学経済学部 教授
2000年 神戸大学大学院経済学研究科 教授
現在に至る
業績: 「国際産業連関表から見た欧州地域統合」2015『国民経済雑誌』 211(6):2015.6 p.17-26
"Economic and environmental impact analysis of carbon tariffs on Chinese exports"(DONG Yanli; ISHIKAWA, Masanobuとの共著)2015,Energy Economics, Volume 50, July 2015, Pages 80-95
「均等利潤率と実質賃金率」2017『立命館経済学』 65(4)=381:2017.2 p.583-594
「国際産業連関表から見たイギリスのEU離脱」(Habtamu Shiferaw Amogneと共著)2017『国民経済雑誌』 215(6):2017.6 p.1-9
"Labor Value and Exploitation in the Global Economy"2017, Masao Ishikura , Seongjin Jeong , Minqi Li (ed.) Return of Marxian Macro-Dynamics in East Asia (Research in Political Economy, Vol. 32), Emerald Publishing Limited, pp. 15-37. https://doi.org/10.1108/S0161-723020170000032003
"Capital Accumulation, Vintage And Productivity: The Japanese Experience"(MATSUBAYASHI, Yoichiとの共著)2019,The Singapore Economic Review, vol. 64(03), pages 747-771
"Impact of alternative regional trade arrangements on the Ethiopian economy"(Co-authored with Habtamu Shiferaw Amogne) Journal of Economic Structures 10(1), 2021, DOI: 10.1186/s40008-020-00232-2

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野  
テーマ  
説明  
(2)分野  
テーマ  
説明  
(3)分野  
テーマ  
説明