岡山商科大学Staff Profiles
経営学部 経営学科 2013年度以後入学生
 
教員プロフィール
氏名: 岩橋 邦彦
カナ氏名: イワハシ クニヒコ
性別: 男性
所属:
大 学: 経営学部 経営学科
大学院:
学位: 教育学士
役職: 客員教授
研究室:  
オフィスアワー:  
E-mail:
ホームページ:

担当科目(大学): 健康教育論,健康教育実践,初級スポーツ実践,中級スポーツ実践,総合スポーツ実践
担当科目(大学院):
教育テーマ: 大学生の時期は、生活環境の変化が著しく、それに伴い健康を害することも多々見受けられる。この時期は、自由な時間(余暇)も豊富にあり、エネルギ−といった体力や気力にも満ち溢れている。教育テ−マは、生活ライフを有意義に心身共に快適に送るために、また今後更に進むと思われる高齢化社会に対処していくための方法を実践および理論を通じて涵養していきたい。
研究テーマ: 日常生活における生活習慣病、セルフコントロールについての研究。
陸上競技選手におけるスポーツ心理適性についての研究。
略歴: ■略歴■
昭和50年3月 早稲田大学教育学部教育学科卒業
昭和50年4月 国立競技場トレーニングセンター講師
          この間、早稲田大学教育学部生理学教室研究生、東京慈恵会医科大学第2生理聴講生
昭和58年4月 岡山商科大学商学部助手
昭和60年4月 岡山商科大学商学部講師
平成 2年4月 岡山商科大学商学部助教授
平成11年4月 岡山商科大学商学部教授(平成21年3月まで)
平成13年4月 岡山県スポーツ指導者協議会理事
平成18年4月 日本陸上競技連盟評議員(平成23年4月まで)
平成18年4月 岡山市陸上競技協会副会長
平成19年4月 笠岡市教育委員会スポーツ振興会会議会長(平成23年3月まで)
平成21年4月 岡山商科大学経営学部教授 現在に至る
平成21年4月 岡山学生陸上競技連盟会長
平成24年4月 岡山陸上競技協会 副会長
業績: ■主な著書■
「スポーツと健康(トレーニングが身体に及ぼす影響)」早稲田大学教育学部紀要別記 昭和56年
「みんなで育てようすばらしいスポーツ選手」岡山県体育体協 共著 平成4年
「ヘルスサイエンス」不昧堂出版 共著 平成6年
「TMSIからみた陸上競技選手におけるスポーツ心理適正」岡山県体育学会誌 平成7年
「スポーツ指導者のための指導書」岡山県体育協会 共著 平成14年
賞等: 昭和50年3月 教育学士、中学校・高等学校教諭免許「保健体育」取得
昭和62年4月 日本陸上競技連盟「公認コーチ」取得
平成14年4月 日本陸上競技連盟「公認審判員S級」取得
昭和45年3月 日本陸上競技連盟「全国高校1級」受賞
平成16年4月 岡山陸上競技協会「栄章功労賞」受賞
平成19年6月 日本学生陸上競技連合「栄章功労賞」受賞
教育・研究・社会活動・その他 (1)分野: 研究(健康学)
テーマ: 日常生活における生活習慣病、セルフコントロールについての研究
説明: 機械文明の進化とともに、生活ライフの様式も一変し、われわれの健康も失われつつある。健康三原則を基軸にその実態を調査し、いかに生活ライフを改善して行くかの研究。
(2)分野: 研究(スポーツ心理学)
テーマ: 陸上競技選手におけるスポーツ心理適性についての研究
説明: 各競技のパフォーマンスの進化には目を見張るものがある。体力及びスキルの発達、発展は当然不可欠であるがそれらを競技力へ連携する心理面が特に関与している。その実態調査・分析。
(3)分野: 社会研究・地域貢献
テーマ: 地域スポーツの普及と競技力向上に関する研究
説明: 余暇の有意義な利用のための地域の生涯スポーツの推進。またジュニアからの全般のスポーツ競技力向上のための指導研究

戻る