岡山商科大学Staff Profiles
法学部 法学科 2013年度以後入学生
 
教員プロフィール
氏名: 田中 宏和
カナ氏名: タナカ ヒロカズ
性別: 男性
所属:
大 学: 法学部 法学科
大学院:
学位: 博士(法学)
役職: 非常勤講師
研究室:  
オフィスアワー:  
E-mail: htanaka0414@gmail.com
ホームページ:

担当科目(大学): 法と情報
担当科目(大学院):
教育テーマ:  
研究テーマ: 情報法・著作権法
略歴: 2006年3月 島根大学法文学部法学科 卒業
2008年3月 岡山大学社会文化学研究科 博士前期課程 修了
2011年3月 岡山大学社会文化学研究科 博士後期課程 修了

2011年4月〜2013年3月 岡山大学社会文化科学研究科 客員研究員
2013年4月〜2016年3月 福山平成大学福祉健康学部こども学科 講師
2016年4月〜現在    福山平成大学福士健康学部こども学科 准教授

業績: 【論文】
「教育・保育現場における子どもの著作権をめぐる一考察」、単著、大学教育論叢第2号(2016年)
「著作権法113条6項の適用事例について −「陛下プロジェクト」事件から著作者人格権みなし侵害規定を考える―」、単著、福祉健康科学研究10巻(2015年)
「日本国憲法と著作権法の紐帯に関する一考察」、単著、福祉健康科学研究9巻(2014年)
「パブリックドメイン増進法を考える」、単著、岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要31号(2011年)
「Public Domainの著作物を利用することのリスク ―「シェーン」事件とチャップリン事件の比較から分かること―」、単著、岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要30号(2010年)
「著作者人格権に関する課題と検討 ―著作者人格権の不行使特約と放棄の問題を参考に―」、単著、岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要29号(2010年)
「著作権の放棄制度に関する一考察」、単著、岡山大学大学院社会文化学紀要27号(2009年)

【学位論文】
「日本の著作権法におけるパブリックドメインとその利用価値」、単著、岡山大学(2011年)
賞等:  
教育・研究・社会活動・その他 (1)分野:  
テーマ:  
説明:  
(2)分野:  
テーマ:  
説明:  
(3)分野:  
テーマ:  
説明:  

戻る