岡山商科大学Staff Profiles
経済学部 経済学科 2013年度以後入学生
 
教員プロフィール
氏名: 井尻 裕之
カナ氏名: イジリ ヒロユキ
性別: 男性
所属:
大 学: 経済学部 経済学科
大学院:
学位: 博士(経済学)
役職: 講師
研究室: 7号館2階
オフィスアワー: メールでアポイントをとることが望ましい。(水)13:00〜14:30
E-mail: h-ijiri@po.osu.ac.jp
ホームページ:

担当科目(大学): 金融システム論,金融政策,時系列データ分析,経済数学,数学演習,研究演習3年,研究演習4年,基礎演習
担当科目(大学院):
教育テーマ:  
研究テーマ: 金融政策の実証分析、時系列分析
略歴: 【略歴】

2011年 3月 関西学院大学 経済学部 卒業
2013年 3月 神戸大学大学院 経済学研究科 博士課程前期課程 修了
2016年 3月 神戸大学大学院 経済学研究科 博士課程後期課程 修了
2016年 4月 岡山商科大学 経済学部経済学科 専任講師(現在に至る)


【所属学会】

日本経済学会
日本金融学会
神戸大学金融研究会
業績: 【論文】

Hiroyuki Ijiri, (2017). “Transmission mechanisms in Japan's quantitative easing policy (2001-2006)”, Economics and Business Letters, Vol. 6, No.2. (査読有)

井尻裕之・地主敏樹(2017). 「リーマンショック後におけるFRBによる量的緩和政策のスピルオーバー効果の検証」, 『大銀協フォーラム研究助成論文集』 第21号.

Hiroyuki Ijiri, (2016). “Re-evaluating Japan's Quantitative Easing Policy (2001-2006): An Application of the TVP-VAR Model”, Japanese Journal of Monetary and Financial Economics, Vol. 4, No.1. (査読有)

地主敏樹・井尻裕之(2015). 「金融危機とインフレ期待」, 『国民経済雑誌』 第212巻第5号.

Hiroyuki Ijiri and Yoichi Matsubayashi, (2016). “Quantitative Easing Policy, Exchange Rates and Business Activity by Industry in Japan from 2001-2006”, Kobe University Discussion Paper, No.1611.


【学会・研究会発表】

「FRBによる量的緩和政策のスピルオーバー効果 ― TVP-VARモデルによる検証 ―」 日本金融学会秋季大会(2017年)

「リーマンショック後のFRBによる量的緩和政策のスピルオーバー効果の検証」 高知研究会(2017年)

「日本の量的緩和政策(2001-2006年)に対する折衷的な政策評価」 第64回金融経済研究会(2016年)

“The Quantitative Easing Policy and Business Activities by Industry in Japan : 2001-2006” 日本金融学会秋季大会(2015年)

“The Quantitative Easing Policy and Business Activities by Industry in Japan : 2001-2006” 第12回 Modern Monetary Economics Summer Institute in Kobe(2015)

“Inflation Expectation and Financial Crisis: An Empirical Analysis based on the TVP-VAR approach” Singapore Economic Review Conference(2015)

“Re-evaluating Japan's Quantitative Easing Policy (2001-2006): An Application of the TVP-VAR Model” 日本経済学会春季大会(2015年)

「日本の量的緩和政策(2001-2006)に対する再評価」 日本金融学会秋季大会(2014年)

「量的緩和政策の再検証」 六甲フォーラム(2014年)


【レフェリー】

・JJMFE 2回

賞等: 平成27年度大阪銀行協会フォーラム研究支援 特別賞
教育・研究・社会活動・その他 (1)分野:  
テーマ:  
説明:  
(2)分野:  
テーマ:  
説明:  
(3)分野:  
テーマ:  
説明:  

戻る