岡山商科大学Staff Profiles
法学部 法学科 2013年度以後入学生
 
教員プロフィール
氏名: 三井 正信
カナ氏名: ミツイ マサノブ
性別: 男性
所属:
大 学: 法学部 法学科
大学院:
学位: 博士(法学)
役職: 非常勤講師
研究室:  
オフィスアワー:  
E-mail:
ホームページ:

担当科目(大学): 雇用社会と法I
担当科目(大学院):
教育テーマ: 労働法
研究テーマ: 労働契約法の基礎理論、労働団体法の基礎理論、フランス労働法
略歴: 昭和57年3月 京都大学法学部卒業
昭和57年4月 住友金属工業株式会社就職
昭和58年9月 住友金属工業株式会社退職
昭和59年4月 京都大学大学院法学研究科修士課程入学
昭和61年3月 京都大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修士)
昭和61年4月 京都大学大学院法学研究科博士後期課程進学
平成元年3月 京都大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得研究指導認定退学
平成元年4月 京都大学法学部助手
平成2年4月 広島大学法学部助教授
平成12年4月 広島大学法学部教授
平成16年4月 広島大学大学院法務研究科教授
平成17年9月 弁護士登録(現在に至る)
平成19年4月 広島大学大学院社会科学研究科教授(現在に至る)
平成19年7月 広島大学副理事(平成27年3月まで)
平成27年4月 広島大学法学部長(平成29年3月まで)
平成29年7月 広島地方最低賃金審議会会長(現在に至る)
業績: 『現代雇用社会と労働契約法』(平成22年、成文堂)、『基本労働法1』(平成24年、成文堂)、『基本労働法3』(平成26年、成文堂)、『フランス労働契約理論の研究』(平成28年、成文堂)以上いずれも単著、その他共著、論文、判例研究等多数
賞等: 広島労働局長表彰
教育・研究・社会活動・その他 (1)分野: 労働法
テーマ: 労働契約の基礎理論
説明: 『現代雇用社会と労働契約法』、『基本労働法1』を出版したほか多くの研究論文を執筆した。
(2)分野: 労働法
テーマ: 労働団体法法の基礎理論
説明: 『基本労働法3』を出版したほか多くの研究論文を執筆した。
(3)分野: 労働法
テーマ: フランス労働法
説明: これまでに多くの研究論文を執筆したが、そのうち重要なものをまとめて平成28年に『フランス労働契約理論の研究』を出版した。

戻る