1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
陳 惠貞
カナ氏名:
チン ケイテイ
所属:
大 学:経営学部 経営学科
大学院:
学位
博士(社会学)
役職
講師
担当科目(大学) 岡山経営者論I,教養演習,岡山経営者論I,岡山経営者論II,岡山経営者論I,岡山経営者論II,物流管理論,岡山経営者論I,岡山経営者論II,指導教員担当演習II,研究演習3年,研究演習4年,研究演習3年後期,研究演習4年前期,研究演習4年後期
担当科目(大学院)
研究室 本館3階
オフィスアワー 木10:40〜12:00
E-mail: vickychen1226@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: 経営学と物流管理論
研究テーマ: 物流管理論、企業統治論
略歴: 2014年3月 関西大学大学院社会学研究科博士後期課程 修了
2014年4月 岡山商科大学経営学部経営学科講師 (現在に至る)

(更新:2022年9月30日)
業績: ■学術論文■
陳恵貞(2010)「ITを活用した日本版SOX法に対する内部統制の一考察」関西大学大学院『人間科学』第72号,pp.79-97.
陳恵貞(2011)「エンロン事件とリーマンショックに関する比較研究‐内部統制の有効性を中心に‐」関西大学大学院『人間科学』第74号,pp.43-62.
陳恵貞(2011)「クラウドコンピューティングの内部統制への適用に関する一考察」関西大学大学院『人間科学』第75号,pp.15−32.
陳恵貞(2012)「企業統治の視点から見た日本の企業経営‐オリンパスと大王製紙のケースを中心に‐」関西大学大学院『人間科学』第76号,pp.15-30.
陳恵貞(2012)「ファミリー企業における企業統治」関西大学大学院『人間科学』第77号,pp.37-52.
陳恵貞(2012)「日本企業の不祥事に関する研究‐企業統治の視点から‐」Journal of Sciences and Humanities Volume1NO.2 pp.23-39.
陳恵貞(2014)「情報社会における企業統治構造とその有効性の検証−日米台の比較研究−」関西大学博士論文
陳惠貞(2016)「中国におけるO2Oビジネスモデルを活用した事例に関する一考察」『岡山商大論叢』第52巻第1号、pp.93-108.(2018/4/1、BMAジャーナル)
陳惠貞(2017)「シャープ買収事件に関する一考察」『岡山商大論叢』第53巻第2号、pp.33-45.
陳惠貞(2017)「夏普併購事件之考察」『岡山商大論叢 』第53卷、 第2 號 、pp.33-45.
(論文概要)
2016年8月12日,鴻海精密工業宣布併購夏普株式會社的訊息。鴻海正式以66%的股權獲取夏普的經營權。這是日本首次大型電機企業被海外企業收購,其中也凸顯出夏普的公司治理出現了問題。本論文以夏普被收購的事件為例,並以公司治理的角度來探討夏普被併購的原因,並進一歩探討企業利用收購合併的手段是否能達到公司利益最大化的效果。

■學會發表■
「新冠疫情下台灣物流業的影響- 以網路電商為例-」 (單獨發表,2021年8月26日, 日本物流學會中四國支部, 線上發表)
發表概要
台灣地區的物流在新冠疫情影響下,3C家電零售持續爆發、百貨賣場營收跌幅擴大,多數電商再創成長高峰。大量訂單湧入使得電商物流業者應接不暇,配送量倍増導致配送人力不足,衍生出延遲配送的情況。但是「momo」大型電商的因應措施値得其他同業參考。其因應手段源自於2020年投入短鏈物流倉儲(衛星倉)擴點,於疫情間發揮成效,讓2021年5月營收達到81.3億元,創下新高。同時,「momo」電商應用自動化系統,限制可下單數量,減少物流負擔,大幅減少客訴,降低客服成本因而在疫情下獲得不錯的銷售成績及口碑。除此之外,新冠疫情影響下,消費者對於生鮮配送需求爆増。今後,台灣地區的物流業者對於冷鏈技術的提升及其配送量有其改進的必要性。

■その他■
 2018年10月〜2020年6月30日、日本語教育能力課程修了




(更新:2022年9月30日)

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野 教育
テーマ 日本語(文法、読解)、日本語能力試験対策
説明  
(2)分野 研究
テーマ 物流管理論
説明  
(3)分野  
テーマ  
説明