岡山商科大学Staff Profiles
経済学部 経済学科 2013年度以後入学生
 
教員プロフィール
氏名: 角南 京子
カナ氏名: スナミ キョウコ
性別:
所属:
大 学: 経済学部 経済学科
大学院:
学位: 教育学修士
役職: 非常勤講師
研究室:  
オフィスアワー:  
E-mail:
ホームページ:

担当科目(大学): 中級英語I,初級英語II
担当科目(大学院):
教育テーマ: アクティブ・ラーニング
研究テーマ: 動機づけ、協同学習、リーディング
略歴: 2003年3月 岡山大学教育学部教育学研究科 英語教育専攻 修士課程修了 修士(教育学)取得
2013年4月 学校法人中国学園 中国学園大学・中国短期大学 英語コミュニケーション学科 講師(2016年3月まで)
業績: 研究論文
1. リーディング授業における「チェックリスト」の効果的活用:学習者の読書方略習得と応用について
中国学園紀要 第14号 pp.77-85. 2015年6月16日 角南バーデン京子
2. An Exploration into Students’ Insights about Extensive Reading: Does ER Lead Learners to Become Autonomous or Stray Readers?
CHUGOKUGAKUEN Journal Vol.14 pp.9-15. 2015年6月16日 Kyoko Sunami-Burden
3. 高等教育におけるリーディングの協同学習の効果 -協同学習の導入による学習者の読書意欲喚起 -
中国学園紀要 第13号 2014年6月16日 角南バーデン京子
4. Cooperative Learning in the EFL Reading Classroom in Tertiary Education: A Way to Improve the Classroom Climate through the Communicative Use of a Questionnaire
CHUGOKUGAKUEN Journal Vol.13 pp.15-20. 2014年6月16日 Kyoko Sunami-Burden
5. Teaching Style Insights and Learning Attitudes of Japanese Tertiary Education
岡山商科大学論叢 第49巻 第2号 pp.1-22. 2013年11月28日 Kyoko Sunami-Burden Peter Burden
学会講演
1. Insights about Extensive Reading: Does ER Lead Learnes to Become Autonomous or Stay Readers?
CULI International Conference 2015, Chulalongkorn University Language Institute タイ バンコク市 2015年10月29日 Kyoko Sunami-Burden
2.The Effective Use of a Checklist on Silent-Reading in EFL Reading classroom: Learners’ Acquisition and Practical Use of Reading Strategies
JALT 岡山支部月例研究会 2015年6月13日 角南バーデン京子
3. An Exploration into the Students’ Insights about Extensive Reading
JALT 岡山支部月例研究会 2015年6月13日 角南バーデン京子
4.Tertiary Student Attitudes towards Learning English and Instructor Teaching Style in a Japanese Context
ROCTEFL 2015, the 32nd International Conference on English Teaching & Learning  台湾 台北市 2015年5月23日 Kyoko Sunami-Burden
5. Are Two Heads Better than One?: A Pilot Study of Peer Reading in Tertiary Education
CamTESOL 2015, the 11th Annual CamTESOL Conference on English Language Teaching カンボジア プノンペン市 2015年2月28日 Kyoko Sunami-Burden
6. Are Two Heads Better than One?: A Pilot Study of Cooperative Learning
CLaSIC 2014, the Sixth Center for Language Studies International Conference シンガポール 2014年12月6日 Kyoko Sunami-Burden
7. The Effectiveness of Cooperative Learning in Reading
JALT 岡山支部月例研究会 2014年6月14日 角南バーデン京子
8. Learner Attitudes to Teacher Behavior
JALT 岡山支部月例研究会 2014年6月14日 角南バーデン京子
9. Teaching Style Insights and Learning Attitudes of Japanese Tertiary Students
KOTESOL 2013 The 21st Annual Korea TESOL International Conference 韓国 ソウル市 2013年10月12日 Kyoko Sunami-Burden Peter Burden
10. The Role of L1 in Japanese non-Native-Speaking Teachers’ Language Classroom: An Analysis of Teachers’ Code-Switching Behavior
JALT岡山支部月例研究会 2003年6月14日 角南バーデン京子
11.日本語非英語母語話者の授業中における母語(日本語)の役割
JACET 中四国支部大会第二支部研究会 2003年1月26日 角南バーデン京子
賞等:  
教育・研究・社会活動・その他 (1)分野:  
テーマ:  
説明:  
(2)分野:  
テーマ:  
説明:  
(3)分野:  
テーマ:  
説明:  

戻る