岡山商科大学Staff Profiles
経営学部 経営学科 2013年度以後入学生
 
教員プロフィール
氏名: 大東 正虎
カナ氏名: ダイトウ マサトラ
性別:
所属:
大 学: 経営学部 経営学科
大学院: 商学研究科
学位: 博士(社会学)
役職: 准教授
研究室: 7号館3階
オフィスアワー: 事前に連絡があれば、下記の時間帯以外でも対応します。 (月)12:10〜12:50 ,(火)12:20〜12:50
E-mail: m-daito@po.osu.ac.jp
ホームページ:
ReaD研究者情報

担当科目(大学): 教養演習,情報処理概論I,情報処理概論II,情報管理論,Webデザイン,Webプログラミング,研究演習3年,研究演習4年
担当科目(大学院): 外国文献研究
教育テーマ: 情報技術と企業経営
研究テーマ: 情報技術と企業経営、マルチエージェント・シミュレーション
略歴: ■略歴■
平成18年4月 関西大学RCSS RA (平成22年3月まで)
平成22年3月 関西大学大学院社会学研究科博士課程後期課程修了
平成22年4月 岡山商科大学経営学部経営学科講師 (平成25年3月まで)
平成24年3月 関西学院大学 Zero Carbon Society 研究センター 客員研究員 (2015年9月まで)
平成25年4月 岡山商科大学経営学部経営学科准教授 (現在に至る)

■社会的活動■
平成18年6月 日本経営教育学会関西部会幹事 (平成21年6月まで)
平成24年7月 日本マネジメント学会関西部会副部会長 (現在に至る)

業績: ■主な著書等■
論文(査読付)

1. Masatora Daito (2013) Agent-Based Model for Analyzing Information Behavior of Consumers in Underground Mall, European Journal of Business Research, Volume 13, Number 2, pp.5-10.

2. Masatora Daito and Hisashi Kojima (2013) Agent-Based Simulation Using a Model of Network Formation, Agent-Based Approaches in Economic and Social Complex Systems VII, pp.85-97. Springer-Japan.

学会報告

・口頭発表
1.Masatora Daito and Noriyuki Tanida (2014) A Platform for Analyzing Access-friendly Transportations for Elderly People Using GIS on Agent-based Model, Social Simulation Conference (SSC 2014)(Universitat Autonoma de Barcelona)

2.Masatora Daito and Noriyuki Tanida (2013) An Agent-based Model for Optimized Combination of Access-friendly Public Transportations for Elderly Citizens, 18th Annual Workshop on the Economic Science with Heterogeneous Interacting Agents (WEHIA 2013)(Reykjavik University, Iceland)

3.Masatora Daito (2013) Agent-Based Model for Analyzing Information Behavior of Consumers in Underground Mall, International Academy of Business and Economics (IABE) 2013 (International Palms Resort and Conference Center in Orlando, Florida, USA)


・ポスター発表
1.Masatoshi Murakami, Masatora Daito and Noriyuki Tanida (2013) A Validation of Social Exclusion and its Effect on Future Generations using Agent Based Simulation Model, 18th Annual Workshop on the Economic Science with Heterogeneous Interacting Agents (WEHIA 2013)(Reykjavik University, Iceland)
賞等: 平成22年3月 博士(社会学)
教育・研究・社会活動・その他 (1)分野: 研究(インターネット・マーケティング)
テーマ: Webサイト内の消費者の情報行動と購買行動に関する研究
説明: インターネットのクチコミが人々の購買決定にどのような影響を与えるのかについてシミュレーションを行っています。また、この研究分野に関連して、企業が低価格(低いサービス)を重視した場合と高いサービス(高価格)を重視した場合の市場獲得競争のシミュレーションも行っています。
(2)分野:  
テーマ:  
説明:  
(3)分野:  
テーマ:  
説明:  

戻る