岡山商科大学Staff Profiles
経営学部 商学科 2013年度以後入学生
 
教員プロフィール
氏名: 吉原 睦
カナ氏名: ヨシハラ ムツム
性別:
所属:
大 学: 経営学部 商学科
大学院:
学位: 修士(文学)
役職: 非常勤講師
研究室:  
オフィスアワー:  
E-mail:
ホームページ:

担当科目(大学): 民俗学I,民俗学II
担当科目(大学院):
教育テーマ: 民俗学入門、民俗文化財の保護と活用、博物館・資料館および文化財保護行政
研究テーマ: 地域を象徴する民俗・民具に関する研究(景観・花莚など)、地域における民俗文化財の保存と活用に関する研究
略歴: 平成6年(1994)3月 成城大学文芸学部文化史学科 卒業
平成9年(1997)3月 成城大学大学院文学研究科日本常民文化専攻博士課程前期 修了
平成21年(2009)4月 岡山商科大学経営学部商学科 非常勤講師 就任 現在に至る
業績: 1.「男女別複檀家制の基礎的研究 〜柏市周辺地域の事例から〜」
      (『日本民俗学』第201号 1995年2月)
2.「複檀家制の術語設定について」
      (『常民文化』第18号 1995年3月)
3.「〈二重の檀家慣行〉に関する一考察 〜埼玉県宮代町の事例から〜」
      (『日本民俗学』第221号 2000年2月)
4.「近世檀家制度の民俗学的考察 〜「一家一寺原則」の有無について〜」
      (『民俗学論叢』第15号 2000年4月)
5.「重層的寺檀関係・縁借に関する一考察 〜石川県・真宗専光寺門徒の事例から〜」
      (『岡山民俗』第213号 2000年7月)
6.「花莚「錦莞莚」再考 −史料から特徴を探る−」
      (『倉敷の歴史』第14号 2004年3月)
7.「花莚「錦莞莚」の意匠に関する一考察」
      (『岡山民俗』第226号 2007年11月)
8.『磯崎眠亀と錦莞莚』
      (単著 日本文教出版株式会社 2008年6月)
9.「一地方自治体における歴史民俗資料館運営と資料保存活用の課題 〜特に指定管理者
制度導入に伴う変化に注目して〜」
      (『岡山民俗』第230号 2010年2月)
10.「映像批評『岡山県の会陽の習俗』」
      (『日本民俗学』第267号 2011年8月)
11.『倉敷美観地区 歴史と民俗』
      (単著 日本文教出版株式会社 2011年10月)
12.『絵図で歩く倉敷のまち』
      (共著 吉備人出版 2011年10月)
13.『岡山民俗館』
      (共著 日本文教出版株式会社 2012年6月)
14.「近世後期を中心とする瑜伽山門前町の様相について」
      (『岡山民俗』第233号 2012年12月)
15.「岡山県倉敷市児島地域の歴史文化資源とその活用(課題)について」
      (『季刊 中国総研』第61号 2012年12月)
16.「明治中期における花莚業界の様相について」
      (『中庄の歴史』第8号 2013年9月)
17.「農耕技術民俗調査アンケート(昭和四六)の内容について」
      (『岡山民俗』第234号 2013年12月)
18.『倉敷・総社今昔写真集』
      (共著 樹林舎 2014年10月)
19.「備前児島・瑜伽山界隈と十返舎一九との関係性について」
      (『岡山民俗』第236号 2015年12月)
20.『十返舎一九が記した岡山』
      (翻刻 日本文教出版 2016年10月)
賞等: 岡山民俗学会賞 受賞(2008年4月)
教育・研究・社会活動・その他 (1)分野:  
テーマ:  
説明:  
(2)分野:  
テーマ:  
説明:  
(3)分野:  
テーマ:  
説明:  

戻る