1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
韓 雲冬
カナ氏名:
カン ウントウ
所属:
大 学:経済学部 経済学科
大学院:
学位
修士(文学)
役職
准教授
担当科目(大学) 教養演習,初級中国語I,初級中国語II,上級日本語I,上級日本語II,日本語基礎演習I,日本語基礎演習II,日本語(文字・語彙),総合日本語演習I(日本語能力試験対策),総合日本語演習I(日本語能力試験対策)
担当科目(大学院)
研究室 7号館2階
オフィスアワー (木)15:00〜16:30
E-mail: kan-unto@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: 日本語教育 中国語教育
研究テーマ: 川端文学、中日表現の特徴、日本語能力試験対策
略歴: 1998年7月 中国東北師範大学日本語言語文学研究科 博士前期課程 文学修士
1998年7月〜2008年3月  中国大連外国語学院(現大連外国語大学)日本語学院 日本語講師
2008年4月〜2009年3月  日本岡山商科大学孔子学院 招聘教員
2009年4月〜2018年3月  日本くらしき作陽大学食文化学部 准教授(日本語教育)
2018年4月〜2021年3月  日本岡山商科大学経済学部 准教授(日本語教育)
2021年4月〜現在に至る 日本岡山商科大学経済学部 准教授(日本語教育)
            孔子学院 副学院長


2022年9月18日現在更新 
業績: (著書)
1「日本語文法一点通」共著 2009年
           上海世界地図出版会社(宮偉他との共著、27章中、第1章〜第15章担当)
2「秋葉原@DEEP」共同翻訳 2009年
           上海人民出版会社(賀敬彬他との共同翻訳、18章中、第1章〜7章担当)
3「日本語能力試験二級対策」単編著 2006年 大連理工大学出版社

(学術論文)
 
1「大学日本語検定試験の翻訳について」単著 2008年5月
        「大学外国語研究論文叢書7」ISBN978-7-5445-0600-7 長春出版社 410〜419頁
2「川端文学に見られる日本の美意識について」単著 2007年6月
                  「大学外国語研究論文叢書6」 瀋陽出版社 398〜409頁
3「中日翻訳について」単著 2006年増刊号(総増刊号003)
「日本学習与研究」(「日本語の学習と研究」)26〜30頁  
4 「地方のインバウンド観光とヴィーガン対応 ―飲食店と小売店における表示について―」共令和4年3月
日本国際教養学会第10回全国大会 岡山大学
なお、Proceedingsは令和4年6月に学会HPに掲載

年9月18日更新

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野 中国語教育
テーマ 日本人中国語学習者特有の表現特徴について
説明 2022年6月に孔子学院主催中国語作文コンテストに応募した31編の作品を対象に、語法的文法的に正しくても母語話者から見て不自然な表現について作文例を通して日本語母語話者特有の表現を分析し、その理由を考察したうえでより効果的な中国語学習法を提案という主旨で論文を書き商大論叢第58巻第3号に投稿、現段階では査読中。
(2)分野 日本語教育
テーマ 岡山商科大学在学留学生の日本語学習実態に関する調査 (黎韓共同研究)
説明 質の保証とともに日本語力の向上をはじめ、学業乃至留学生活がより満足度の高いものになるように、在学中留学生の日本語学習実態を把握することにより、問題点と課題を洗い出した上で対策と解決策を検討する。9月現段階では質問項目を作成中。ただ留学生全員を対象とした場合は、他の部署の力が必要かと思われる。
(3)分野 共同研究(徐、松浦、黎、韓) 
テーマ 地方のインバウンド観光におけるヴィーガン対応―飲食店と小売店における表示―
説明 「地方のインバウンド観光とヴィーガン対応 ―飲食店と小売店における表示について―
令和4年3月


日本国際教養学会第10回全国大会 岡山大学

なお、Proceedingsは令和4年6月に学会HPに掲載

東京オリンピックに向けてヴィーガン対応の整備が注目されてきたが、本発表では、日本のヴィーガン対応について訪日ヴィーガン旅行者の声をまとめ、その後、岡山の飲食業と小売業におけるヴィーガン対応の実態を調査し、その飲食店の店外表示、メニュー表記、小売店でのヴィーガン対応商品に付与された表示の現状を分析し、問題点を指摘するとともに望ましい表示の在り方について論じた。(徐沇廷、松浦芙佐子、黎暁妮、韓雲冬)