岡山商科大学Staff Profiles
経営学部 商学科 2013年度以後入学生
 
教員プロフィール
氏名: レイ ギョウニイ
カナ氏名: レイ ギョウニイ
性別: 女性
所属:
大 学: 経営学部 商学科
大学院:
学位: 理学修士
役職: 准教授
研究室: 8号館2階
オフィスアワー: (水)10:30〜12:00
E-mail: lixiaoni@po.osu.ac.jp
ホームページ:

担当科目(大学): 日中ビジネス比較論,教養演習,初級中国語I,初級中国語II,総合中国語I,総合中国語II,日本語III,日本語IV,日本語(文法)I,日本語(文法)II,日本語(文法)III,日本語(文法)IV,日本語(文法)V,日本語(文法)VI,日本語(文法)VII,日本語(文法)VIII,日本語(読解)IV,日本語I(文法),日本語II(文法),日本語III(文法),日本語IV(文法),研究演習4年
担当科目(大学院):
教育テーマ: 語学学習を通して、中国と日本の文化や習慣などに親しみ、コミュニケーション能力を高めること
研究テーマ: 日本語教育法に関する研究
略歴: ■略歴■
1984年に中国東北師範大学生物学科を卒業後、日本に留学し、お茶の水女子大学で理学修士号を取得した。その後、徳山ソーダ株式会社つくば研究所、笹川平和財団の勤務を経て、1996年に帰国し、大連外国語学院大学日本語学院の教員となった。2007年4月より、招聘准教授として岡山商科大学に赴任し、2008年5月1日付で岡山商科大学に本採用された。現在、経営学部准教授、岡山商科大学孔子学院副学院長として勤務中。
業績: ■主な著書■
・『観光日本語会話(訳名)』 単著 2004.3 大連理工大学出版社
・『新大学日本語』(1〜4巻)共著 2007.6 大連理工大学出版社

■論文■
・「中国人日本語学習者の読解活動における母語の影響」 2004.8  『日本文化論叢』No.3
・「中国人日本語学習者の産出作文に見られる助詞の誤用について」2005.5 『大学外語
研究文集』No.2
・「読解課程をめぐる研究と現場への示唆」 2006.4 『大学外語研究文集』No.3
・「ビジネス日本語に対する認識の一考察」 2007.9 『日本文化論叢』No.4
賞等:  
教育・研究・社会活動・その他 (1)分野: 研究、教育
テーマ: 日本語教育法に関する研究
説明: 日本語を第二言語として習得していく学習者、特に中国人日本語学習者を研究対象とし、その日本語学習過程における特徴を研究分析し、日本語教育者の角度から、効果的な日本語教育法を提言していきたいと考えている。
(2)分野:  
テーマ:  
説明:  
(3)分野:  
テーマ:  
説明:  

戻る