1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
小田 敬美
カナ氏名:
オダ タカヨシ
所属:
大 学:法学研究科
大学院:法学研究科
学位
法学修士(早稲田大学)
役職
非常勤講師
担当科目(大学)
担当科目(大学院) 紛争処理法特殊講義
研究室 非常勤講師控室
オフィスアワー 授業前後(左記のほかZoom対応可)
E-mail: oda-law@ehime-u.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: 民事法にかかる知識・技能の修得(実務上の観点を含む)
法情報の利活用と法務の基礎
研究テーマ: 民事紛争における訴訟とADRの機能分担
各種紛争におけるADR利用の拡充と制限
略歴: 【学歴】
1987年3月 立命館大学法学部法学科卒業[法学士]
1990年3月 早稲田大学大学院法学研究科民事法学専攻民事訴訟法専修修了[法学修士]
1996年3月 上智大学大学院法学研究科法律学専攻単位取得退学
【職歴】
1996年4月 松山大学法学部講師
1998年4月 松山大学法学部助教授
2004年4月 岡山大学大学院法務研究科法務専攻(専門職学位課程)助教授
2007年4月 岡山大学大学院法務研究科法務専攻(専門職学位課程)教授
2009年4月 愛媛大学法文学部・大学院法文学研究科総合法政策専攻教授
2018年4月 愛媛大学法文学部教授・副学部長
2020年4月 愛媛大学法文学部・大学院人文社会科学研究科法文学専攻教授・専攻長
上記のほか、岡山大学大学院法務研究科及び本学大学院法学研究科非常勤講師など
【その他】
日本民事訴訟法学会理事、仲裁ADR法学会会員、日本マンション学会会員
現在に至る
業績: <おもな研究業績>
『改正担保執行法の徹底解説』[共著](中央経済社、2004年)
『内部統制と取締役の責任』[共著](学陽書房、2007年)
『現代アメリカ法廷技法−弁論・尋問の分析と実践』[共訳](慈学社、2009年)
『民事訴訟法演習教材』[共著](成文堂、2012年)
「集合住宅における紛争予防・合意形成のしくみ作りのための基礎調査」地域創成研究年報10号(2015年)
「法文学部総合政策学科改組アンケートの分析」教育実践ジャーナル14号(2016年)
ロックウッド「「経験的に」教える経験を積む:いかにして教員はロースクールを法実務につなぐのか?」愛媛法学会誌42巻2号[翻訳](2016年)
「消費者契約及び労働関係の訴えに関する管轄」小林秀之ほか編『国際裁判管轄の理論と実務』(新日本法規、2017年)
『市民法生活と現代法理論』[共編](成文堂、2017年)
「貸金請求についての支払督促による同一当事者間の保証債務履行請求権の時効中断(最二小判平成29・3・13)」ジュリスト1518号(2018年)
<その他>
個別労働関係紛争担当参与(厚生労働省愛媛労働局)、岡山紛争調整委員会委員・岡山地方最低賃金審議会公益委員(厚生労働省岡山労働局)、愛媛地方最低賃金審議会会長(厚生労働省愛媛労働局)などを経て、
現在、愛媛県労働委員会公益委員、愛媛県消費者苦情処理審査会委員
上記のほか、四国電気通信消費者支援連絡会座長(総務省四国総合通信局)、愛媛県消費生活審議会会長、愛媛県消費者教育推進地域協議会委員、東温市入札監視委員会会長など

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野  
テーマ  
説明  
(2)分野  
テーマ  
説明  
(3)分野  
テーマ  
説明