1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 教員プロフィール

氏名:
西浦 公
カナ氏名:
ニシウラ イサオ
所属:
大 学:法学部 法学科
大学院:法学研究科
学位
法学修士
役職
特任教授
担当科目(大学) 憲法III(人権1),憲法IV(人権2)
担当科目(大学院) 憲法特殊講義
研究室 7号館2階 
オフィスアワー (月)9:00〜10:30
E-mail: nishiura@po.osu.ac.jp
ホームページ:
教育テーマ: 多様な考え方の修得
研究テーマ: 憲法パラダイムの再検討
個人原理に基づく自由と平等の体系としての近代憲法の意義と限界を明らかにし、現代憲法の理論枠組みを考える。
略歴: 学歴
昭和46年3月 大阪市立大学法学部卒業
昭和48年3月 大阪市立大学大学院法学研究科修士課程修了
昭和54年3月 大阪市立大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学
職歴
昭和56年4月 高松工業高等専門学校講師
昭和61年4月 同助教授
平成3年4月  岡山商科大学法経学部助教授
平成7年4月  同教授
平成17年4月 同法学部教授
令和3年4月  同特任教授
(更新2021年7月23日)
業績: P・へーベルレの憲法論(平成4年11月 法律文化社『現代法学の諸相』所収)
基本権の保障領域の決定権をめぐって(平成8年2月 岡山商科大学法学論叢第4号)
Wer bestimmt die Schutzbereiche der Grundrechte?
【Auszug】
Bundesverfassungsgericht(Beshuluss v.11.4.1972 Eidverweigerung-Beshluss) betonte die Rolle der Grundrechtsverstaendnis vom Buerger in der Bestimmung der Schutzbereiche der Grundrechte. In der deutschen Verfassungslhre "Grundrechtssubjektivismus" im weiteren Sinne und seine Kritiker stehen ueber der Eidverweigerung-Beshluss gegenueber. P.Haeberle und M.Morlok behaupten die Offenheit der Grundrechtsinterpreten. Aber Morlok beschraenkt die Offenheit der Grundrechtsinterpreten auf Freiheitsrechte. Anderseits J.Isensee und W.Hoefling betonen den Vorrang der Grundrechtsinterpretation vom Staat. Aber Hoefling verneinet nicht ganz die Offenheit der Grundrechtsinterpreten. Die Meinungsverschiedenheit entspringt aus dem Unterschied des Verstaendnis ueber die Bedeutung der Verfassungsinterpretation. Und sie gruendet sich auf die Erkenntnis ueber das Verhaeltnis zwischen Staat und Buerger und den Begriff der Volkssouveraenitaet.
安全に関する憲法学的一考察(平成15年3月 信山 社「日独憲法学の創造力」所収)
内閣による法律の誠実な執行について(平成16年12月 成文堂「現代の行政紛争」所収)

(更新2021年7月23日)

教育・研究・社会活動・その他

(1)分野 日独比較憲法
テーマ 憲法上の諸概念の再検討
説明 日本国憲法上の諸概念をドイツとの比較で再検討する。
(2)分野  
テーマ  
説明  
(3)分野  
テーマ  
説明