教員名
講義名
シラバストップへ
 
タックスプランニング 2単位 2年以上 経済 2年以上 経営 2年以上
2年以上        
海宝 賢一郎 前期1コマ クラス: 2級FP技能士を目指す学生を優先
実務経験 内容 CFP(R)および1級ファイナンシャル・プランニング技能士として、ファイナンシャルプランニングに関する相談・提案業務等の実務経験を積んだ。
授業との関連 ファイナンシャルプランナーとしての経験をもとに、パーソナルファイナンスの理論を教授する。また、1級ファイナンシャル・プランニング技能士の立場からタックスプランニングに関する実践的知識を教授する。

シラバス1

【授業の目的】

 経営学部商学科の専門科目として、本学の教育目標である「専門学術の振興」に貢献すること。本講義は、金融リテラシーを基礎として、パーソナル・ファイナンス・プランニングの専門家である「2級FP技能士」に求められる専門的な知識を身につけることを授業目標とする。

【到達目標】

国家検定試験の2級FP技能検定・学科試験のD分野:タックスプランニングの知識が7割程度理解できる。
1.所得税を中心に、タックスプランニングに関する専門用語について説明できる。
2.所得税の計算の仕組み等の基礎事項が理解でき、プランニングにつなげる考え方が理解できる


【授業計画】

原則として「タックスプランニング、相続・事業承継」の授業を履修していること

1.ファイナンシャルプランニングとタックスプランニング(総論)
  事前学修:教科書第1章・第1節を読み、不明点を整理しておくこと
  事後学修:タックスプランニングについてノートを整理すること

2.所得税の計算の仕組みの理解と計算に関しての理解
  事前学修:教科書第4章・第1・2節を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

3.各種所得(利子・配当・給与所得・退職所得)の基本事項の理解と計算に関しての理解
  事前学修:教科書第4章・第3節(該当項目)を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

4.各種所得(一時・雑所得)の基本事項の理解と計算に関しての理解
  事前学修:教科書第4章・第3節(該当項目)を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

5.各種所得(事業・不動産所得)の基本事項の理解と計算に関しての理解
  事前学修:教科書第4章・第3節(該当項目)を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

6.各種所得(譲渡所得)の基本事項の理解と計算に関しての理解
  事前学修:教科書第4章・第3節(該当項目)を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

7.演習I:各種所得の計算に関するまとめ
  事前学修:教科書第4章・第1〜3節の重要項目について、ノートをノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

8.損益通算の基本事項の理解と計算に関しての理解
  事前学修:教科書第4章・第4節を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

9.所得控除(人的控除)の種類の理解と計算に関しての理解
  事前学修:教科書第4章・第5節(該当項目)を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

10.所得控除(物的控除)の種類の理解と計算に関しての理解
  事前学修:教科書第4章・第5節(該当項目)を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

11.税額控除の種類、確定申告と納付の仕組みに関しての理解
  事前学修:教科書第4章・第6・7節を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

12.個人住民税、事業税に関する基本事項の理解
  事前学修:教科書第4章・第8節を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

13.消費税に関する基本事項の理解
  事前学修:教科書第4章・第11節を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

14.法人税の基本事項の理解、益金・損金などの基本事項に関しての理解
  事前学修:教科書第4章・第9節を読み、不明点をノートに整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および次回小テストの準備をすること

15.演習II:所得税の確定申告、法人税に関するまとめ
  事前学修:教科書第4章・第4〜9節の重要項目について、ノートを整理しておくこと
  事後学修:実施した小テストの復習および定期試験に向けた総復習をしておくこと

16.定期試験


【予習・復習】

講義を受けるに際して、予習1時間、復習2時間を取ること
予習1時間:授業のテーマについて教科書の全文を読み、不明点をノートにまとめること
復習2時間:毎回実施する小テストについて教科書・参考図書等を使って復習すること


【授業関連科目】

「ライフプランニングと資金計画・リスク管理II」、「金融資産運用・不動産II」、「相続・事業承継」の同時履修を推奨


【成績評価方法・注意】

成績評価方法:小テスト、定期試験
次回の授業開始時に復習として小テストを実施し、小テスト終了後に模範解答を配布して解説する。また、定期試験は〇×問題、穴埋め問題等によるテストを実施する。小テストに70点、定期試験に30点を配点する。
※セキュリティシートにより出席管理を行うのでスマートフォン等を持参すること
※履修可能な者は、FP3級技能検定合格者、または「タックスプランニング、相続・事業承継」の履修者(原則)


【教科書】

著者:資格の大原FP講座 書名:’18−’19受験対策 資格の学校大原公式 FP2級AFP合格テキスト 出版社:大原出版


【参考書】

適宜指示する



シラバス2

【授業形態】

講義 演習 実習・実技 実験
     

【授業方法】

受動型 アクティブラーニング その他
課題解決型 ディスカッション
ディベート
グループワーク
ペアワーク
プレゼン
テーション
フィールド
スタディ
その他
             

【受講生のPC等使用】

PC・タブレット
(教室に備付)
PC・タブレット
(学生自身が準備)
スマートフォン その他
     

【初年次教育】

 

【接続科目】

地域社会 国際社会 産業界 大学院進学
   

【評価(方法)手段】

評価(方法)手段 学部・学科カリキュラム・ポリシー(CP)
知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
CP1 CP2 CP3 CP4 CP5 CP6 CP7 CP8 CP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
評価(方法)手段              
学習目標(比率) 80% 20%
評価手段(比率) 試験 30% 20 10
小テスト 70% 60 10
レポート
成果発表
受講態度
その他
対応するディプロマ・ポリシー(DP) 知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7 DP8 DP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
             

戻る
 
Copyright (c) 2004 okayama shoka university co.,Ltd All Rights Reserved