教員名
講義名
シラバストップへ
 
FP技能論I 2単位 2年以上 経済 2年以上 経営 2年以上
2年以上        
高林 宏一 前期1コマ クラス: 3級FP技能士を目指す学生を優先
実務経験 内容 総合ファイナンシャルコンサルティング企業に主席サーティファイドファイナンシャルプランナーとして勤務し、ライフプラン策定上の資金計画や、リスクマネジメント対策としての生命保険・損害保険のプランを提案、実行支援を行い実務経験を積んだ。
授業との関連 個人・関与先企業への資産設計提案業務を行ってきた経験をもとにライフプランニング、リスクマネジメントと保険、金融資産運用設計や不動産運用設計の実態について言及し、一級ファイナンシャル・プランニング技能士の観点から理論的・実践的知識を教授する。

シラバス1

【授業の目的】

 経営学部商学科に係る専門科目(選択必修科目)として、本学の教育目標である「専門学術の振興」に貢献できる。他学科・他学部の学生にとっては、「幅広い学習機会」になる。

【到達目標】

 生活スキルとして最低限身に付けるべき「家計管理」「生活設計」「金融知識及び金融経済事情の理解と適切な金融商品の利用選択」「外部の知見の適切な活用」の金融リテラシーについて受講生が受講終了までに次のようなことができるようになることが到達目標である。
1.ファイナンシャル・プランニング技能検定3級個人資産相談業務実技試験の「ライフプランニングと資金計画」A分野で求められる知識水準の6割以上を理解、説明できる。
2.ファイナンシャル・プランニング技能検定3級個人資産相談業務実技試験の「金融資産運用」C分野で求められる知識水準の6割以上を理解、説明できる。
3.ファイナンシャル・プランニング技能検定3級個人資産相談業務実技試験の「不動産運用」E分野で求められる知識水準の6割以上を理解、説明できる。


【授業計画】

第1回 パーソナル・ファイナンスの基礎知識とFP業務の周辺・関連業法に関しての理解
     教科書:第1講ファイナンシャル・プランニングと倫理、第2講ファイナンシャル・プラン
     ニングと関連法規
     ・予習:教科書 2〜 10頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第2回 ライフプランニングの目的と効用および手法(プロセス)に関しての理解
     教科書:第3講ライフプランニングの考え方・手法
     ・予習:教科書 10〜 21頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第3回 住宅取得、教育資金、リタイアメントプランニングに関しての理解
     教科書:第4講ライフプラン策定上の資金計画
     ・予習:教科書 28〜 39頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第4回 消費者信用の支払方式、クレジットカード、消費者向け無担保ローンに関しての理解
     教科書:第5講ローンとカード
     ・予習:教科書 44〜 47頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第5回 リスクマネジメントの手法、社会保険制度と民間保険、保険マーケティングの最近の動向に関
    しての理解
     教科書:第6講リスクマネジメント、第7講保険制度全般
     ・予習:教科書 52〜 63頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第6回 主要なマーケット指標、相場動向に応じた金融商品の選択に関しての理解
     教科書:第6講リスクマネジメント、第7講保険制度全般
     ・予習:教科書 146〜 166頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第7回 預貯金・金利・利回り計算、債券の仕組みと特徴、債券の利回り計算に関しての理解
     教科書:第13講預貯金・金融類似商品、第15講債券投資
     ・予習:教科書 166〜 171頁、187〜 199頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポー
     トを完成する
第8回 投資信託の概要、株式取引の仕組みと特徴、投資信託のディスクロージャーに関しての理解
     教科書:第14講投資信託、第16講株式投資
     ・予習:教科書 174〜 181を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第9回 株式取引の仕組みと特徴、株式投資に関する評価指標に関しての理解
     教科書:第16講株式投資
     ・予習:教科書 203〜 213を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第10回 ポートフォリオ理論の基礎、セーフティネットの意義、金融商品取引法に関しての理解
     教科書:第19講ポートフォリオ運用、第20講セーフティネット、第21講金融商品・資産運用
     に関連する法規
     ・予習:教科書 166〜 181頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第11回 不動産の基礎、不動産に関する調査、不動産の価格調査に関しての理解
     教科書:第22講不動産の見方
     ・予習:教科書 256〜 266頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第12回 不動産取引の概要、不動産の売買契約に関しての理解
     教科書:第23講不動産の取引
     ・予習:教科書 271〜 282頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第13回 土地基本法、都市計画法、建築基準法、区分所有法に関しての理解
     教科書:第24講不動産に関する法令上の規制
     ・予習:教科書 289〜 306頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第14回 国土利用計画法、農地法、区分所有法に関しての理解
     教科書:第24講不動産に関する法令上の規制
     ・予習:教科書 307〜 314頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する
第15回 不動産の有効活用の手法、不動産投資における発展の3形態、不動産投資信託に関しての理解
     教科書:第25講不動産の有効活用、第26講不動産の証券化
     ・予習:教科書 315〜 327頁を読み不明点を整理しておく ・復習:課題レポートを完成する


【予習・復習】

予習(1時間程度)テキストの該当箇所を読んで、問題点(疑問点)を整理しておくこと。
復習(3時間程度)課題に基づいてレポートを作成すること。


【授業関連科目】

金融資産運用・不動産1、タックスプランニング、相続・事業承継、FP技能論2など。


【成績評価方法・注意】

成績評価方法:小テストとレポートにより評価する。
1.到達目標にどの程度達したかを講義内小テスト(30%)で、また、次回講義までに小テスト問題に関連する法令・制度、約定等をレポート(70%)に論述し成績評価を行う。(計15回)
2.次回の講義で模範解答を配布して解説する。また、疑問点には授業内で適宜回答する。
3.課題は検定試験過去問題や想定問題から出題する。


【教科書】

著者:きんざいファイナンシャル・プランナーズ・センター編著 書名:FP技能検定教本3級 '18〜19年版上巻ライフプランニングと資金計画/リスク管理/金融資産運用/不動産 出版社:(株)きんざい


【参考書】

適宜指示する
著者:日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 書名:ファイナンシャル・プランニング入門第4版 出版社:日本ファイナンシャル・プランナーズ協会


シラバス2

【授業形態】

講義 演習 実習・実技 実験
     

【授業方法】

受動型 アクティブラーニング その他
課題解決型 ディスカッション
ディベート
グループワーク
ペアワーク
プレゼン
テーション
フィールド
スタディ
その他
             

【受講生のPC等使用】

PC・タブレット
(教室に備付)
PC・タブレット
(学生自身が準備)
スマートフォン その他
     

【初年次教育】

 

【接続科目】

地域社会 国際社会 産業界 大学院進学
   

【評価(方法)手段】

評価(方法)手段 学部・学科カリキュラム・ポリシー(CP)
知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
CP1 CP2 CP3 CP4 CP5 CP6 CP7 CP8 CP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
評価(方法)手段                
学習目標(比率) 100%
評価手段(比率) 試験
小テスト 30% 30
レポート 70% 70
成果発表
受講態度
その他
対応するディプロマ・ポリシー(DP) 知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7 DP8 DP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
               

戻る
 
Copyright (c) 2004 okayama shoka university co.,Ltd All Rights Reserved