教員名
講義名
シラバストップへ
 
経営分析論II 2単位 3年以上 経済 3年以上 経営 3年以上
3年以上        
吉良 友人 後期1コマ クラス:  

シラバス1

【授業の目的】

 本講義では、会計情報による企業分析を通じて、本学の教育目標である「専門学術の振興」に貢献することを授業目標としている。

【到達目標】

 本講義では、次の項目についての力を身につけることを目標としている。
・財務諸表(連結含む)の理解
・企業分析の指標の理解
・財務諸表分析(連結含む)


【授業計画】

<注意事項>
・本講義は、前期開講の「経営分析論1」の知識(ビジネス会計検定試験3級の内容)を有していることを前提として行う。よって、指定教科書中の重複する部分の説明は割愛することがある。
・教科書は最新版を購入すること。

第1回 :オリエンテーション、企業会計の意義、財務諸表(第1,2章)
事前学修:テキスト第1,2章を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第2回 :連結貸借対照表(第3章)
事前学修:テキスト第3章を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第3回 :連結損益計算書(第4章)
事前学修:テキスト第4章を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第4回 :連結包括利益計算書(第5章)
事前学修:テキスト第5章を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第5回 :連結キャッシュ・フロー計算書1−そのしくみ(第7章)
事前学修:テキスト第7章のキャッシュ・フロー計算書のしくみの箇所を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第6回 :連結キャッシュ・フロー計算書2−活動別のキャッシュ・フロー(第7章)
事前学修:テキスト第7章の活動別のキャッシュ・フローの箇所を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第7回 :連結キャッシュ・フロー計算書3−間接法による計算(第7章)
事前学修:テキスト第7章の間接法による計算の箇所を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第8回 :理解度チェックと解説(第1〜5章,7章)
事前学修:テキスト第第1〜5章,7章の復習をしておく。
事後学修:解けなかった問題の復習をしておく。

第9回 :財務諸表分析1−分析の基礎知識(第9章)
事前学修:テキスト第9章の分析の基礎知識の箇所を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第10回:財務諸表分析2−安全性分析(第9章)
事前学修:テキスト第9章の安全性分析の箇所を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第11回:財務諸表分析3−収益性分析(第9章)
事前学修:テキスト第9章の収益性分析の箇所を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第12回:財務諸表分析4−キャッシュ・フロー分析(第9章)
事前学修:テキスト第9章のキャッシュ・フロー分析の箇所を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第13回:財務諸表分析5−損益分岐点分析(第9章)
事前学修:テキスト第9章の損益分岐点分析の箇所を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第14回:財務諸表分析6−1株当たり分析(第9章)
事前学修:テキスト第9章の1株当たり分析の箇所を読んでおく。
事後学修:授業中に理解できなかった箇所を読み直す。

第15回:問題演習(第9章)
事前学修:テキスト第9章の各分析指標を復習しておく。
事後学修:解けなかった問題の復習をしておく。

第16回:定期試験(第1〜5,7,9章)



【予習・復習】

予習(2時間程度):次回の内容について、教科書を読む。
復習(2時間程度):練習問題を通して理解度を高める。


【授業関連科目】

簿記論、財務諸表論などの会計関連科目


【成績評価方法・注意】

<成績評価方法>
試験、小テスト

<各内容のフィードバック>
テストは終了後に解説をする。

<スマートフォンについて>
セキュリティシートのバーコード読み取りで出欠管理をするので、各自スマートフォン等の読み取りができるものを持参すること。持っていない場合は要相談。


【教科書】

著者:大阪商工会議所 [編] 書名:ビジネス会計検定試験 公式テキスト2級 出版社:中央経済社


【参考書】

著者:大阪商工会議所 [編] 書名:ビジネス会計検定試験 公式過去問題集2級 出版社:中央経済社


シラバス2

【授業形態】

講義 演習 実習・実技 実験
     

【授業方法】

受動型 アクティブラーニング その他
課題解決型 ディスカッション
ディベート
グループワーク
ペアワーク
プレゼン
テーション
フィールド
スタディ
その他
             

【受講生のPC等使用】

PC・タブレット
(教室に備付)
PC・タブレット
(学生自身が準備)
スマートフォン その他
     

【初年次教育】

 

【接続科目】

地域社会 国際社会 産業界 大学院進学
     

【評価(方法)手段】

評価(方法)手段 学部・学科カリキュラム・ポリシー(CP)
知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
CP1 CP2 CP3 CP4 CP5 CP6 CP7 CP8 CP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
評価(方法)手段            
学習目標(比率) 60% 20% 20%
評価手段(比率) 試験 70% 50 10 10
小テスト 30% 10 10 10
レポート
成果発表
受講態度
その他
対応するディプロマ・ポリシー(DP) 知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7 DP8 DP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
           

戻る
 
Copyright (c) 2004 okayama shoka university co.,Ltd All Rights Reserved