教員名
講義名
シラバストップへ
 
研究演習1年後期 2単位   経済   経営  
         
萩原 泰治 後期 クラス: 大学院

シラバス1

【授業の目的】

産業連関分析を行う

【到達目標】

この授業を通じて、
(1)産業連関分析について理解する
(2)産業連関分析ができる


【授業計画】

対面での授業を前提とするが、コロナ等で、やむを得ずオンライン授業に移行することがありうる
その場合は、事前にzoomなどのアクセス情報を連絡する

第1回 産業連関分析入門(1)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第2回 産業連関分析入門(2)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第3回 産業連関分析入門(3)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第4回 産業連関分析入門(4)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第5回 数量モデル(1)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第6回 数量モデル(2)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第7回 数量モデル(3)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第8回 数量モデル(4)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第9回 価格モデル(1)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第10回 価格モデル(2)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第11回 価格モデル(3)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第12回 価格モデル(4)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第13回 地域間産業連関モデル
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第14回 地域間産業連関モデル(2)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する

第15回 地域間産業連関モデル(3)
 事前学修:指定した論文を読む
 事後学習:理解を整理する


【予習・復習】

予習: 指定した文献を読み報告の準備をする(3時間程度)
復習: 指摘された問題点を整理する(1時間程度)


【授業関連科目】

経済原論特殊講義、計量経済学特殊講義、地域開発論特殊講義、地域経済論特殊講義


【成績評価方法・注意】

毎回の報告と、適宜課すレポートに基づいて評価する
小テスト、レポートについては、コメントをする


【教科書】

プリントを配布する



【参考書】

適宜指示する



シラバス2

【授業形態】

講義 演習 実習・実技 実験
     

【授業方法】

受動型 アクティブラーニング その他
課題解決型 ディスカッション
ディベート
グループワーク
ペアワーク
プレゼン
テーション
フィールド
スタディ
その他
           

【受講生のPC等使用】

PC・タブレット
(教室に備付)
PC・タブレット
(学生自身が準備)
スマートフォン その他
     

【初年次教育】

 

【接続科目】

地域社会 国際社会 産業界 大学院進学
 

【評価(方法)手段】

評価(方法)手段 学部・学科カリキュラム・ポリシー(CP)
知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
CP1 CP2 CP3 CP4 CP5 CP6 CP7 CP8 CP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
評価(方法)手段      
学習目標(比率) 20% 20% 20% 20% 10% 10%
評価手段(比率) 試験
小テスト
レポート 45% 10 10 10 10 5
成果発表 50% 10 10 10 10 5 5
受講態度 5% 5
その他
対応するディプロマ・ポリシー(DP) 知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7 DP8 DP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
     

戻る
 
Copyright (c) 2004 okayama shoka university co.,Ltd All Rights Reserved