教員名
講義名
シラバストップへ
 
経営史II 2単位   経済   経営 2年以上
2年以上        
川合 一央 後期1コマ クラス:  

シラバス1

【授業の目的】

経営学部経営学科の専門科目として、本学教育目標「専門学術の振興」に貢献する。

【到達目標】

1.産業革命期英国における産業組織のあり方を、米国のそれと比較しつつ説明できる。
2.産業革命期英国の技術発展過程の特徴を説明できる。
3.19世紀以降、英国の経済成長が鈍化した要因を説明できる。
4.戦後日本の経済成長のなかで企業家が果たした役割を説明できる。


【授業計画】

[講義方法]
本講義は,対面授業のみで行う。
学校閉鎖になった場合,「ZOOM」を使用したオンライン授業を行う。

[授業における基本的な事項]
対面授業:教室にて,資料配付・小テスト・レポート回収等を行う。
オンライン授業:ZOOM(受講にあたってはPCもしくはタブレットの使用を推奨する)を用いて実施し,講義掲示板で各種提出を行う。

1.ガイダンスおよびイントロダクション
事前学修:産業革命期英国および戦後日本の世界史的位置づけの確認
事後学修:講義にて強調された点の整理

2.産業革命の担い手の成立
事前学修:配付資料の熟読
事後学修:講義にて強調された点の整理

3.産業革命期英国における産業組織 全体像
事前学修:配付資料の熟読
事後学修:講義にて強調された点の整理

4.産業革命期英国における産業組織 綿工業
事前学修:配付資料の熟読
事後学修:講義にて強調された点の整理

5.産業革命期英国における産業組織 鉄鋼業 まとめ
事前学修:配付資料の熟読
事後学修:講義にて強調された点の整理

6.産業革命期英国の技術発展プロセス(綿工業を中心に)歴史的背景
事前学修:配付資料の熟読
事後学修:講義にて強調された点の整理

7.産業革命期英国の技術発展プロセス(綿工業を中心に)技術的理解
事前学修:配付資料の熟読
事後学修:講義にて強調された点の整理

8.産業革命期英国の技術発展プロセス(綿工業を中心に)まとめ
事前学修:配付資料の熟読
事後学修:講義にて強調された点の整理

9.ビデオ鑑賞
事前学修:産業革命期英国の社会情勢
事後学修:ビデオにて示された出来事が生じた背景の検討

10.19世紀以降の英国企業家の意思決定過程(鉄鋼業を中心に)歴史的背景
事前学修:配付資料の熟読とレポート作成
事後学修:講義にて強調された点の整理

11.19世紀以降の英国企業家の意思決定過程(鉄鋼業を中心に)企業家の意思決定過程
事前学修:配付資料の熟読
事後学修:講義にて強調された点の整理

12.19世紀以降の英国企業家の意思決定過程(鉄鋼業を中心に)まとめ
事前学修:配付資料の熟読
事後学修:講義にて強調された点の整理

13.戦後日本における企業家 歴史的背景
事前学修:配付資料の熟読とレポート作成
事後学修:講義にて強調された点の整理

14.戦後日本における企業家 意思決定過程とそれらの相互作用過程
事前学修:配付資料の熟読
事後学修:講義にて強調された点の整理

15.まとめ
事前学修:自分の理解が不十分だと思われる点を講義の際に質問できるようにしておく。
事後学修:質問の結果、理解できた点をまとめる

16.定期試験


【予習・復習】

予習時間0.25時間 参考書を指示した場合、それを読み、疑問点等をノートにまとめておくこと。
復習時間3.75時間 ノートや配付資料等をもとにして、講義内容を再現できるようにしておくこと。
なお参考図書については、適宜プリントを配布して使い方を指示する。


【授業関連科目】

経営史I、経営コース開講科目


【成績評価方法・注意】

期末テスト40点、小テストおよびレポート40点、発言(成果発表)20点。
(フィードバック方法:期末テスト(定期試験終了後、回答例提示)、小テスト(次回講義時)、発言(その都度))
詳細は講義初回に説明する。
毎回、セキュリティーシートにて出席登録を行うのでスマートフォンを持参すること。


【教科書】

プリントを配布する



【参考書】

適宜指示する
著者:鈴木良隆・大東英祐・武田晴人 書名:ビジネスの歴史 出版社:有斐閣


シラバス2

【授業形態】

講義 演習 実習・実技 実験
     

【授業方法】

受動型 アクティブラーニング その他
課題解決型 ディスカッション
ディベート
グループワーク
ペアワーク
プレゼン
テーション
フィールド
スタディ
その他
           

【受講生のPC等使用】

PC・タブレット
(教室に備付)
PC・タブレット
(学生自身が準備)
スマートフォン その他
     

【初年次教育】

 

【接続科目】

地域社会 国際社会 産業界 大学院進学

【評価(方法)手段】

評価(方法)手段 学部・学科カリキュラム・ポリシー(CP)
知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
CP1 CP2 CP3 CP4 CP5 CP6 CP7 CP8 CP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
評価(方法)手段              
学習目標(比率) 80% 20%
評価手段(比率) 試験 40% 40
小テスト 20% 20
レポート 20% 20
成果発表 20% 20
受講態度
その他
対応するディプロマ・ポリシー(DP) 知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7 DP8 DP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
             

戻る
 
Copyright (c) 2004 okayama shoka university co.,Ltd All Rights Reserved