教員名
講義名
シラバストップへ
 
研究演習1年後期 2単位   経済   経営  
         
瀧澤 栄治 後期 クラス: 大学院 ■不開講

シラバス1

【授業の目的】

大陸法の歴史的展開についてより深く学び、研究することによって、高度な知識を習得した専門家を育成すること。

【到達目標】

演習に掲げた各テーマについて
1.その内容を正確に理解し、問題を発見することができる
2.課題として文章にまとめ発表することができる


【授業計画】

この演習はオンライン対応時には資料の配付、メール等を用いた解説、質疑応答により行い、課題レポートの提出を求めます。 


「ローマ法と比較法」に関する文献を読む。
 後期は比較法に関するいくつかのテーマを選択し、各テーマについて知識を習得し、比較法的な観点からの分析能力を養う。

1 ローマ法と比較法 総論
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
2 ローマ法と比較法 法源 その1
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
3 法源 その2
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
4 ローマ法と比較法 契約の出現 その1
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
5 契約の出現 その2
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
6 莫大な損害 その1
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
7 莫大な損害 その2
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
8 莫大な損害 その3
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
9 「法学提要」 その1
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
10 「法学提要」 その2
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
11 「法学提要」 その3
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
12 裁判官の文化 その1
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
13 裁判官の文化 その2
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
14 近代民法典とローマ法
<予習>講義資料該当箇所を読んでおく
<復習>講義内容の整理
15 まとめ
<予習>これまでの講義内容全体の整理
<復習>レポートの作成


【予習・復習】

予習2時間(文献を読む)、復習2時間(まとめる)


【授業関連科目】

 


【成績評価方法・注意】

演習時の質疑応答、提出されたレポートにより、講評の上成績を評価する。


【教科書】

プリントを配布する



【参考書】

適宜指示する



シラバス2

【授業形態】

講義 演習 実習・実技 実験
     

【授業方法】

受動型 アクティブラーニング その他
課題解決型 ディスカッション
ディベート
グループワーク
ペアワーク
プレゼン
テーション
フィールド
スタディ
その他
             

【受講生のPC等使用】

PC・タブレット
(教室に備付)
PC・タブレット
(学生自身が準備)
スマートフォン その他
       

【初年次教育】

 

【接続科目】

地域社会 国際社会 産業界 大学院進学
     

【評価(方法)手段】

評価(方法)手段 学部・学科カリキュラム・ポリシー(CP)
知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
CP1 CP2 CP3 CP4 CP5 CP6 CP7 CP8 CP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
評価(方法)手段        
学習目標(比率) 50% 10% 10% 20% 10%
評価手段(比率) 試験
小テスト
レポート 75% 50 10 5 10
成果発表
受講態度 25% 5 10 10
その他
対応するディプロマ・ポリシー(DP) 知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7 DP8 DP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
       

戻る
 
Copyright (c) 2004 okayama shoka university co.,Ltd All Rights Reserved