教員名
講義名
シラバストップへ
 
経済変動論特殊講義 2単位   経済   経営  
         
山下 賢二 後期 クラス: 大学院

シラバス1

【授業の目的】

 大学院経済学研究科に係る専門科目として、本学の教育目標である「総合的・実践的能力を体得」に貢献することを授業目標としている。

【到達目標】

1. マクロ動学理論の基礎を理解し、論文作成に利用できる。
2. ソローモデル、ラムゼイモデル、世代重複モデルを理解できる。
3. 内生的成長理論、偏向的技術進歩理論の基礎を理解できる。
3. 実物的景気循環論(RBC理論)を理解できる。
4. ニューケインジアンのマクロ動学理論の基礎を理解できる。


【授業計画】

「講義方法」
本講義は原則として対面方式で行う。
ただし、学校閉鎖時や受講生に未入国の学生がいる場合は講義案内システムとZoomを介してのオンライン方式あるいはハイブリッド方式とする。
また、対面方式であれ、オンライン方式であれ、毎回、課題を提出すること。定められた期限までに講義案内システムの掲示板から返信すること。課題提出をもって出席とみなす。

1. 経済成長の3要素、新古典派分配理論
事前学修:マンキュー・マクロ経済学を読み直しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
2. ソローモデル(1)〜基本モデル、定常状態〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
3. ソローモデル(2)〜黄金律、貯蓄率・人口成長率・技術進歩率と定常状態(1)〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
4. ソローモデル(3)〜貯蓄率・人口成長率・技術進歩率と定常状態(2)〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
5. 世代重複モデル(1)〜基本モデル〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
6. 世代重複モデル(2)〜黄金律、動学的非効率性、贈与と貧困の罠〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
7. 世代重複モデル(3)〜人的資本蓄積と所得格差〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
8. ラムゼイモデル〜基本モデル〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
9. 内生的成長理論〜ローマーモデル、競争均衡経路と最適成長経路の乖離〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
10. 偏向的技術進歩理論〜基本モデル、所得格差〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
11. 実物的景気循環理論(1)〜基本モデル〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
12. 実物的景気循環理論(2)〜基本モデル〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
13. ニューケインジアン動学モデル(1)〜動学的確率的一般均衡モデルの基礎(1)〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
14. ニューケインジアン動学モデル(2)〜動学的確率的一般均衡モデルの基礎(2)〜
事前学修:先回の配布した資料を予習しておくこと
事後学修:ノートを読み直しておくこと
15. 総復習
事前学修:講義ノートを全てを読み直しておくこと
事後学修:学習成果をレポートに反映させること


【予習・復習】

予習(2時間)教科書だけでなく、図書館で関連項目の資料を集め読んでおくこと。
復習(2時間)講義内容を数式の展開や図も含めて次回までに理解しておくこと。


【授業関連科目】

経済原論特殊講義、経済政策特殊講義


【成績評価方法・注意】

毎回の課題提出(50%)、試験あるいは試験回の課題(試験相当)(50%)
※課題へのフィードバック回を設ける。


【教科書】

プリントを配布する



【参考書】

適宜指示する



シラバス2

【授業形態】

講義 演習 実習・実技 実験
     

【授業方法】

受動型 アクティブラーニング その他
課題解決型 ディスカッション
ディベート
グループワーク
ペアワーク
プレゼン
テーション
フィールド
スタディ
その他
             

【受講生のPC等使用】

PC・タブレット
(教室に備付)
PC・タブレット
(学生自身が準備)
スマートフォン その他
       

【初年次教育】

 

【接続科目】

地域社会 国際社会 産業界 大学院進学
 

【評価(方法)手段】

評価(方法)手段 学部・学科カリキュラム・ポリシー(CP)
知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
CP1 CP2 CP3 CP4 CP5 CP6 CP7 CP8 CP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
評価(方法)手段          
学習目標(比率) 60% 20% 10% 10%
評価手段(比率) 試験
小テスト 30% 15 5 5 5
レポート 70% 45 15 5 5
成果発表
受講態度
その他
対応するディプロマ・ポリシー(DP) 知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7 DP8 DP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
         

戻る
 
Copyright (c) 2004 okayama shoka university co.,Ltd All Rights Reserved