教員名
講義名
シラバストップへ
 
研究指導3年前期 2単位   経済   経営  
         
三好 宏 前期 クラス: 大学院 ■不開講

シラバス1

【授業の目的】

本研究指導の目的は、履修学生が質の高い修士論文を作成できるようになるために、自身の研究内容を適宜報告してもらうことで、その内容を精緻化していくことである。また、必要に応じて、関連文献の輪読も行う。それを通じて、本研究科の目標である「グローバルな視野を持つ地域ビジネス・プロフェッショナルの育成」への貢献を目指す。

【到達目標】

授業目的に基づいて、次の具体的内容をできるようにすることを到達目標とする。
 1.よい研究テーマを設定できるようにする
 2.リサーチ・デザインを構想できるようにする
 3.研究課題に応じた研究方法を選択し実行できるようにする
 4.評価に耐えうる修士論文作成に向けて取り組めるようにする


【授業計画】

「講義方法」
基本対面で行う。コロナ等事情によって、入国できない海外滞在の学生に対しては、授業の模様をZOOMによるライブ配信を行う。

また、緊急事態宣言が出されたり、感染者発生による学校閉鎖の措置が取られた場合も同様に、ZOOMによるライブ配信を行うが、事情によりYou Tube動画、および講義案内システムの掲示板を活用した遠隔授業を実施することもある。

基本的には、履修学生の研究進捗状況に応じて、その内容を報告してもらい、全員で議論しながら進める。同時に、テキスト『コトラーのマーケティング4.0』(以下、テキストと表記)を輪読することで、マーケティング知識を深めてもらう。

1.オリエンテーション:履修上の注意、授業のルール・進め方等、マーケティング4.0とは他
  事前学修:マーケティングの歴史についてまとめておく
  事後学修:授業内容を整理する

2.つながっている顧客へのパワーシフト テキスト第1章
  事前学修:テキスト該当箇所をレジュメにまとめてくる
  事後学修:授業内容を整理する

3.つながっている顧客に対するマーケティングのパラドックス テキスト第2章
  事前学修:テキスト該当箇所をレジュメにまとめてくる
  事後学修:授業内容を整理する
  
4.影響力のあるデジタル・サブカルチャー テキスト第3章
  事前学修:テキストの該当箇所をレジュメにまとめてくる
  事後学修:授業内容を整理する

5.デジタル経済におけるマーケティング4.0 テキスト第4章
  事前学修:テキスト該当箇所をレジュメにまとめてくる
  事後学修:授業内容を整理する

6.修論進捗状況の報告(1):リサーチ・デザイン
  事前学修:自身のリサーチ・デザインをレジュメにまとめてくる
  事後学修:報告した内容を、コメントに基づいて修正する
   
7.新しいカスタマー・ジャーニー テキスト第5章
  事前学修:テキスト該当箇所をレジュメにまとめてくる
  事後学修:授業内容を整理する

8.マーケティングの生産性の測定指標 テキスト第6章
  事前学修:テキスト該当箇所をレジュメにまとめてくる
  事後学修:授業内容を整理する
 
9.産業類型とベスト・プラクティス テキスト第7章
  事前学修:テキスト該当箇所をレジュメにまとめてくる
  事後学修:授業内容を整理する

10.修論の進捗状況の報告(2):先行研究サーベイ
  事前学修:テーマに関する先行研究をサーベイしてくる
  事後学修:報告した内容を、コメントに基づいて修正する

11.ブランドの誘因力を高める人間中心のマーケティング テキスト第8章
  事前学修:テキスト該当箇所をレジュメにまとめてくる
  事後学修:授業内容を整理する
   
12.ブランドへの好奇心をかき立てるコンテンツ・マーケティング テキスト第9章
  事前学修:テキスト該当箇所をレジュメにまとめてくる
  事後学修:授業内容を整理する

13.ブランド・コミットメントを生み出すオムニチャネル・マーケティング テキスト第10章
  事前学修:テキスト該当箇所をレジュメにまとめてくる
  事後学修:授業内容を整理する

14.ブランド・アフィニティを築くためのエンゲージメント・マーケティング テキスト第11章
  事前学修:テキスト該当箇所をレジュメにまとめてくる
  事後学修:授業内容を整理する
    
15.まとめ
  事前学修:これまでの内容に関してレポートを作成する
  事後学修:これまでの内容をさらに整理する


【予習・復習】

予習(2時間程度):修論の作成、テキスト・資料等の該当箇所を読んでレジュメにまとめておくこと
復習(2時間程度):指摘されたことの修論修正、学習した内容の整理、課題作成等


【授業関連科目】

商業学特論、商業史特論I・II、流通システム論特論等。


【成績評価方法・注意】

成績評価方法:レポート(75%)、成果発表(5%)、受講態度(5%)、その他質問内容・総合的な
         取り組み姿勢等(15%)
         テキストの内容をまとめたレジュメを作成して、報告をしてもらう。レジュメ、 
         レポートは、原則コメントをつけて返却するか、模範を例示する。


【教科書】

著者:フィリップ・コトラー他 書名:コトラーのマーケティング4.0 出版社:朝日新聞出版


【参考書】

適宜指示する



シラバス2

【授業形態】

講義 演習 実習・実技 実験
     

【授業方法】

受動型 アクティブラーニング その他
課題解決型 ディスカッション
ディベート
グループワーク
ペアワーク
プレゼン
テーション
フィールド
スタディ
その他
           

【受講生のPC等使用】

PC・タブレット
(教室に備付)
PC・タブレット
(学生自身が準備)
スマートフォン その他
       

【初年次教育】

 

【接続科目】

地域社会 国際社会 産業界 大学院進学
     

【評価(方法)手段】

評価(方法)手段 学部・学科カリキュラム・ポリシー(CP)
知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
CP1 CP2 CP3 CP4 CP5 CP6 CP7 CP8 CP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
評価(方法)手段  
学習目標(比率) 40% 20% 10% 10% 5% 5% 5% 5%
評価手段(比率) 試験
小テスト
レポート 75% 40 20 10 5
成果発表 5% 5
受講態度 5% 5
その他 15% 5 5 5
対応するディプロマ・ポリシー(DP) 知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7 DP8 DP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
 

戻る
 
Copyright (c) 2004 okayama shoka university co.,Ltd All Rights Reserved