教員名
講義名
シラバストップへ
 
社会政策特殊講義 2単位   経済   経営  
         
國光  類 後期 クラス: 大学院

シラバス1

【授業の目的】

授業の位置付け(対応するディプロマポリシー):DP1専門知識、DP3思考力、DP4判断力
大学院経済学研究科に係る専門科目(選択必修科目)として、本学の教育目標である「専門学術の振興」に貢献することを授業目標とする。

【到達目標】

政策の概念や政策の形成・実施・評価の過程を中心に解説する。
なお、到達目標は以下の通りである。
(1)経済学の理論とデータに基づいた分析手法を身につけること。
(2)政策の背景と効果について、評価できるようになること。


【授業計画】

この講義は対面で行う予定ではあるが、学校閉鎖等のオンライン対応時にはZoomを使った遠隔授業を行う。講義日の前日までに具体的な指示を「講義掲示板」から送信します。

1.政府の役割とは
   事前学習:シラバスをよく読む
   事後学習:市場メカニズムの補完について復習する

2.政策形成理論
   事前学習:政策循環モデルについて調べる
   事後学習:確認問題を解く

3.政策評価の手法
   事前学習:セオリー評価、プロセス評価、インパクト評価について調べる
   事後学習:確認問題を解く

4.政策評価に関する文献講読(1)
   事前学習:事前配布資料を読み込む
   事後学習:当日ディスカッションの内容を整理する

5.政策評価に関する文献講読(2)
   事前学習:事前配布資料を読み込む
   事後学習:当日ディスカッションの内容を整理する

6.政策評価に関する文献講読(3)
   事前学習:事前配布資料を読み込む
   事後学習:当日ディスカッションの内容を整理する

7.行政事業レビューシートの見方
   事前学習:行政事業レビューについて調べる
   事後学習:レポートの内容について考える

8.中間報告
   事前学習:興味のある政策について、報告の準備
   事後学習:中間報告をふまえ、レポートを進める

9.事例検討(1)労働条件の確保・改善
   事前学習:事前配布資料の読み込み
   事後学習:当日ディスカッション内容の整理

10.事例検討(2)女性の活躍推進や均等待遇
   事前学習:事前配布資料の読み込み
   事後学習:当日ディスカッション内容の整理

11.事例検討(3)医療の確保と国民の健康づくり
   事前学習:事前配布資料の読み込み
   事後学習:当日ディスカッション内容の整理

12.事例検討(4)福祉・介護人材の養成確保
   事前学習:事前配布資料の読み込み
   事後学習:当日ディスカッション内容の整理

13.事例検討(5)こども・子育て支援
   事前学習:事前配布資料の読み込み
   事後学習:当日ディスカッション内容の整理

14.最終報告(1)
   事前学修:レポートについての最終報を準備する
   事後学修:報告を踏まえて、レポートを修正する

15.レポート提出・まとめ
   事前学修:レポートを完成させる
   事後学修:よりよいプレゼンはどのように行えばよいか考える


【予習・復習】

講義1回あたりの予習についてはおおむね2時間とし、教科書および配布資料の該当箇所をあらかじめ読んでおく。復習についてはおおむね2時間とし、講義内容の理解を深める。


【授業関連科目】

ミクロ経済学特殊講義、労働政策特殊講義


【成績評価方法・注意】

成績評価方法:レポート(50%)、授業内活動・課題(50%)
具体的には、教室での発言・グループワーク・課題等によって評価します。

課題については、講義中に教員よりフィードバックを行います。


【教科書】

プリントを配布する



【参考書】

著者:ユージン・バーダック 書名:政策立案の技法:問題解決を「成果」に結びつける8つのステップ 出版社:東洋経済
著者:ピーター・H・ロッシ 書名:プログラム評価の理論と方法: システマティックな対人サービス・政策評価の実践ガイド 出版社:日本評論社

シラバス2

【授業形態】

講義 演習 実習・実技 実験
     

【授業方法】

受動型 アクティブラーニング その他
課題解決型 ディスカッション
ディベート
グループワーク
ペアワーク
プレゼン
テーション
フィールド
スタディ
その他
             

【受講生のPC等使用】

PC・タブレット
(教室に備付)
PC・タブレット
(学生自身が準備)
スマートフォン その他
     

【初年次教育】

 

【接続科目】

地域社会 国際社会 産業界 大学院進学
       

【評価(方法)手段】

評価(方法)手段 学部・学科カリキュラム・ポリシー(CP)
知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
CP1 CP2 CP3 CP4 CP5 CP6 CP7 CP8 CP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
評価(方法)手段            
学習目標(比率) 50% 30% 20%
評価手段(比率) 試験
小テスト
レポート 50% 30 10 10
成果発表 40% 20 10 10
受講態度 10% 10
その他
対応するディプロマ・ポリシー(DP) 知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7 DP8 DP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
           

戻る
 
Copyright (c) 2004 okayama shoka university co.,Ltd All Rights Reserved