教員名
講義名
シラバストップへ
 
研究演習1年後期 2単位   経済   経営  
         
佐井 至道 後期 クラス: 大学院

シラバス1

【授業の目的】

 経済学研究科に係る主要科目として,本講義では本研究科の教育目標である経済学に関する理論的・実証的な知識と能力を身につけるため,特に官庁統計などの大規模調査された結果を個票データと表形式データとして公開する場合の利点と欠点について学ぶ。

【到達目標】

1.個票データと表形式データの性質について説明できる。
2.個票データと表形式データに対して秘匿措置を施すことができる。
3.個票データと表形式データに対するリスク評価を行うことができる。
4.修士論文の方向性を見つけることができる。


【授業計画】

この講義は対面で行う予定である。連絡事項については「講義掲示板」を通じて行う。
オンライン対応時には,YouTubeの視聴を基本とし,講義時間前に「講義掲示板」で視聴方法などを説明するとともに資料を配付し,課題はメールに添付して送信してもらう。

1.個票データ(ミクロデータ)の作成方法と性質
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
2.表形式データ(集計データ)の作成方法と性質
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
3.個票データ,表形式データのリスク評価方法
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
4.個票データ,表形式データの秘匿方法
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
5.実際の個票データに対する演習(1)
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
6.実際の個票データに対する演習(2)
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
7.実際の個票データに対する演習(3)
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
8.実際の個票データに対する演習(4)
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
9.実際の個票データに対する演習(5)
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
10.実際の個票データに対する演習(6)
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
11.修士論文の経過報告と研究計画の作成(1)
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
12.修士論文の経過報告と研究計画の作成(2)
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
13.修士論文の経過報告と研究計画の作成(3)
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
14.修士論文の経過報告と研究計画の作成(4)
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正
15.修士論文の経過報告と研究計画の作成(5)
・事前学修:報告の準備
・事後学修:コメントに対応したレポートの修正


【予習・復習】

予習(3時間程度)修士論文の作成など
復習(1時間程度)修士論文の作成,修正など


【授業関連科目】

統計学特殊講義


【成績評価方法・注意】

成績評価方法:レポート(30%),発表(70%)
毎回の発表内容と「到達目標」の到達度によって評価する。
レポートについては次回にコメントし,発表についてはその場でコメントする。


【教科書】

教科書を使用しない



【参考書】

著者:Willenborg, L. and Waal, T. 書名:Elements of Statistical Disclosure Control 出版社:Springer


シラバス2

【授業形態】

講義 演習 実習・実技 実験
   

【授業方法】

受動型 アクティブラーニング その他
課題解決型 ディスカッション
ディベート
グループワーク
ペアワーク
プレゼン
テーション
フィールド
スタディ
その他
         

【受講生のPC等使用】

PC・タブレット
(教室に備付)
PC・タブレット
(学生自身が準備)
スマートフォン その他
     

【初年次教育】

 

【接続科目】

地域社会 国際社会 産業界 大学院進学
 

【評価(方法)手段】

評価(方法)手段 学部・学科カリキュラム・ポリシー(CP)
知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
CP1 CP2 CP3 CP4 CP5 CP6 CP7 CP8 CP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
評価(方法)手段      
学習目標(比率) 55% 15% 15% 5% 5% 5%
評価手段(比率) 試験
小テスト
レポート 30% 15 5 5 5
成果発表 70% 40 10 10 5 5
受講態度
その他
対応するディプロマ・ポリシー(DP) 知能・技能 思考・判断・表現力 主体性・態度
DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 DP7 DP8 DP9
専門知識 一般知識 思考力 判断力 会話・文章力 意欲・責任感 協調性 持続性 倫理観
     

戻る
 
Copyright (c) 2004 okayama shoka university co.,Ltd All Rights Reserved